薬局の「マウスウォッシュ」は本当に効くのか

歯科医師に聞く、必要性と効果

洗口剤には、じつはさまざまな抗菌作用がありました(写真:AndreyPopov/iStock)
ドラッグストアの店頭には洗口剤(マウスウォッシュ)がずらりと並んでいます。歯周病や口臭対策に使っている人も多いと思いますが、実際に効果はあるのでしょうか? より効果的な使い方は? テレビなどでおなじみの歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

知られていない洗口剤の効能

洗口剤は実は歯科医院でもけっこう使われています。私のクリニックでも治療を行う前には、患者さんに塩化セチルピリジニウム(CPC)配合の「Systema SP-Tメディカルガーグル」という、殺菌作用のある薬剤が含有されている洗口剤でうがいをしてもらっています。

うがいによるメリットは患者さん側にも、治療者側にもあります。

口の中には大量の細菌が含まれており、むし歯や歯周病の患者さんであればなおさらです。患者さんの口の中の細菌をあらかじめ減らしておくことは、むし歯や歯周病の治療をよりよい環境で行うことにつながり、治癒の促進にもなります。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

治療者側にとっては、細菌の含まれた飛沫(唾液)を浴びるリスクが低くなる、というメリットがあります。むし歯の治療で歯を削ったり、歯周病の治療で歯周組織の清掃をしたりする際には治療器具から、水が出ます。

歯科衛生士さんはバキュームでこの水を吸い取っていますが、完全ではありません。水の中に含まれる飛沫が口の中や一部、外に飛び散る可能性があります。そこで、うがい薬によって飛沫の中の細菌量を抑えようというわけです(なお、飛沫は飛ぶといってもわずかで通常は衛生的には問題ありません。より、クリーンな環境で治療を進めるためにリスクを抑えようと取り入れています)。

次ページ誤嚥性肺炎の予防になる理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT