全米を欺いた「36歳黒人俳優」のヒドい自作自演

ジャシー・スモレットの非常識すぎる大ウソ

彼に優しい言葉をかけていた人権支援団体も、一斉に彼を非難し始めた。

ロサンゼルスの市民権アクティビスト、ナジー・アリは、「私たちのメンバーには、ヘイトクライムの被害を受けた黒人、LGBTの人々が多数います。スモレットがついているうそは、本当の被害者たちのためになりません。そして、私たちは、スモレットがうそをついていると信じます。私たちは最初、多少、疑うところはあっても、スモレットを信じてあげました。しかし、この数日でそれがうそだったことが明らかになりました。彼は処罰を受けるべきです」と述べた。

ハリウッドではすでに、なぜ彼がそんなことをやったのかについて、推測が飛び交い始めている。

知名度がほしかっただけ?

中には「ただ知名度がほしかっただけでしょう」「同情してほしかったのでは」という意見がよく見られるが、注目されるのは、フォックスが「Empire 成功の代償」から彼の演じるキャラクターを消そうとしていたという説。

5シーズンも続くドラマでは、主要キャラクターが死んだり、姿を消したりするのはよくあること。知名度の低い俳優にとってテレビドラマは大事な飯の種なので、スモレットはそれを守るためにヘイトクライムの被害者になって、フォックスが彼を消すわけにはいかない状況を作ろうとしたのではないかというのだ。

フォックス側は「彼を消す予定はまったくなかった」と、この説を否定している。しかし、自作自演がバレてしまったあとでは、スモレットは確実に番組から消されてしまうだろう。うそつき男が出るドラマなど、誰も見たくないに決まっている。もちろん、広告主もつかない。

この後、まだまだ驚きの詳細情報が出てくるかもしれず、裁判になればこれまた大注目となることだろう。それは最近、視聴率がぱっとしなくなっていた「Empire 成功の代償」に、思わぬ宣伝効果をもたらすことになるかもしれない。だが、その仕掛け人は、おそらく、その時にはもう撮影現場にいない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。