全米を欺いた「36歳黒人俳優」のヒドい自作自演

ジャシー・スモレットの非常識すぎる大ウソ

ハリウッドで批判殺到中の黒人俳優ジャシー・スモレットがついたウソとは?(写真:Alexander Tamargo/Getty Images)

いよいよ来週2月25日(月)、「第91回アカデミー賞授賞式」が開催される。今回のアカデミー賞作品部門には、『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『グリーンブック』と、黒人俳優が主役を務める映画が3本も入っており、人種差別の根絶に意気込むハリウッドの進歩を感じる。

だが、そこに完全に水を差すような出来事が起こった。それもハリウッドで活動する黒人俳優によってだ。

白人レイシストによる暴行事件と思いきや…

ことの始まりは、1月末にシカゴで起きた暴行事件。午前2時ごろ、フォックス系列のテレビドラマ「Empire 成功の代償」にレギュラー出演するジャシー・スモレットが、2人組の男に突然襲撃された。スモレットが警察に話した内容によると、2人組は彼に対して黒人差別、ゲイ差別の言葉を吐きつつ、首をロープで縛る、漂白剤を浴びせるなどの暴行を加えた。また、犯人らは「ここはMAGAの国だ」とも言って逃走。彼は自分の足で近くの病院に行き、治療を受けたという。

彼は「犯人は2人組の白人だった」と語っており、「MAGA」がドナルド・トランプの選挙スローガン「Make America Great Again(アメリカをもう一度偉大な国に)」の略であることから、警察は白人至上主義者によるヘイトクライム(差別による犯罪行為)の線で捜査を始めた。

スモレットはゲイであることをオープンにしているため、LGBT団体「GLAAD」はすぐ彼を支持する声明を発表。有色人種の地位向上を目指す団体「NAACP」も、トランプの人種差別的アプローチを批判する声明を出した。事件について意見を聞かれたトランプ大統領は、「とてもひどい出来事だ」と、ひとことだけコメントした。

心も体も傷ついたばかりだというのに、事件があった週末、予定どおりロサンゼルスでのライブに出演したスモレット。ライブ中、涙声になりつつ、「僕は、今日、ここに来る必要がありました。あいつらに勝たせるわけにはいかないですから」と観客に語りかけ、歓声を受けた。

次ページ暴行事件がきっかけで一躍有名に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT