同じ話で「ウケる人」と「スベる人」の意外な差

何気ない出来事をウケる話に変える技術

そうはいっても、ウケようと思うあまりに、ついついウソをつきたくなってしまうこともあるはずです。そこで、正直に話すためのコツを紹介します。とにかく、会話をしている相手を信頼することです。あなたが面白いと感じることを伝えれば、ウソをつかなくても、相手は、必ず面白いと感じるのです。

そういったことを続けていくと、一石二鳥で、聞き上手にもなります。そして、相手の話を聞いて、自分が正直に面白いと思ったところを、相手に詳しく質問してみましょう。

相手が興味のない話をしているときはどうする?

この流れがうまくいくと、正直に話す人と思われるだけでなく、「他人の面白い話を引き出すことができる人」と周りから見え、ウケる人と思われる可能性が飛躍的に高まります。

『ウケる人、スベる人の話し方』(PHP研究所)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

とはいえ、相手が自分にとって興味のない話ばかりしている場合は、どうしたらよいのでしょうか? そういうときは、とにかく、自分がその話に興味を持てるように、細かく「どういうこと?」と、質問してみましょう

話題を細かく掘り下げると、「そういうことだったんですね!」とか、「難しすぎましたね」と、どこかでお互いが共感する瞬間がやってきます。そういうときは、あえて冗談などを言って笑いを起こすのとは違う、「共感」から発生する自然な笑いが起きることが多くなります。

このように、会話している相手を信頼して、自分が興味を持てることについて正直に話すこと。これが、自然にウケるための何よりの最短距離なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。