少女像をウォール街に設置したある企業の真意

「女性役員ゼロ企業」に向けられた視線

少女像をウォールストリートに設置した運用会社。その真意とは?(撮影:今井康一)
取締役会メンバーは全員、男性。そんな“当たり前”の風景が今後、激変するかもしれない。
世界第3位の資産運用会社、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(以下、SSGA)。各国政府、機関投資家向けに2.51兆ドル(2018年12月31日時点)を運用する同社は、取締役会に女性がひとりもいない企業の取締役選任議案に反対票を投じる方針を打ち出し、実行している。
すでに2017年3月からアメリカ、英国、オーストラリアで、2018年3月からは日本とカナダ、欧州において打ち出した。2020年以降はさらにその指針を強化するという。
同社でアジア太平洋地域におけるアセット・スチュワードシップの責任者を務めるベンジャミン・コルトン氏にインタビューした。資産運用会社が女性活躍にこだわる理由とは。

女性役員のいる企業は好業績である

――女性取締役がひとりもいない企業の取締役選任議案に反対票を投じる「取締役会ダイバーシティ指針」を公表しています。影響を受ける日本企業はどのくらいありますか。

TOPIX500構成企業のうち、現時点で対象となる日本企業は281社です。そのうち40社、14%が議決権行使の季節までに取締役会で女性取締役が就任しました。また、11社が女性を取締役に加えると約束をしています。

一方で、われわれの要求に対して反応しなかった174社に関しては、取締役の選任議案に反対票を投じました。

――日本企業もここ数年「女性活躍推進」に取り組んできましたが、まだ管理職への登用が主体で役員層にまでは考えが及ばない企業も少なくありません。

われわれの取り組みは、昨日、突然生まれたものではなく、また日本企業だけをターゲットにしているわけでもありません。数年前からSSGAがグローバルに取り組んできたジェンダー・ダイバーシティについてお話しします。

私たちは、企業の意思決定層、つまり取締役会に多様な人材がいることで、よりよい意思決定ができる、と考えています。さまざまな研究データを踏まえ女性取締役がゼロの企業と女性取締役がいる企業を比べると、女性取締役がいる企業のほうが好業績であることが明らかになっているのです。

次ページ国際女性デーの「恐れを知らぬ少女像」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT