SNSで悪ノリ「学校でのいじめ」の大変な実情

「でっちあげ画像」で教師が攻撃された例も

SNSの浸透で“いじめ”が重篤化している。狡猾な“いじめ”の手法は生徒間だけでなく、教師にも向けられているようだ(写真:kou/PIXTA)

教師が生徒から口汚く罵られて手を出した。その様子を別の生徒が撮影しており、動画は瞬く間に全国へ。「ツイッターで(先生を)炎上させようぜ」というまた別の生徒の声が入っていたため、やりすぎだと生徒側が炎上するハメに……。

都立高校で発生した教師の体罰動画の流出。この騒動に限らず、教育現場ではスマートフォンやSNSの介在するさまざまなトラブルが頻発している。

教師にも向けられる“いじめ”

SNSの浸透で“いじめ”が重篤化していると話すのは、いじめ問題に取り組む『ジェントルハートプロジェクト』の小森美登里理事だ。

「例えば無視をするといういじめでも、数人レベルだったのが、SNSを使って次の日には学級全体に波及させることが可能になってしまいました。いじめのスピードは速くなり、範囲が広くなったことで、被害生徒をより孤独に追い込んでいます」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

探偵であり、いじめ被害者の支援を行う『ユース・ガーディアン』の阿部泰尚代表は、発信者側のひきょうな防御策が広がっていると明かす。

「SNSが普及した当初は、被害生徒を名指しで中傷するケースが多かった。しかし、最近では主語を示さなかったりボヤかすなど、“被害生徒を指した発言ではない”と言い訳できるような小ずるいやり方になってきています」

狡猾な“いじめ”の手法は生徒間だけでなく、教師にも向けられている。

「50代の年配の先生で、授業崩壊している動画がSNS上にアップされたことが数年前にありました」

そう話すのは、愛知県の高校で教鞭をとる30代の男性教諭。学校にはクレームが殺到し、対応に追われたという。神奈川県の高校に勤務する20代の男性教諭は、

「男性教師が女子生徒と2人で写っている写真に“2人は付き合っている”というコメントがつきSNS上に拡散されました。一緒に写っている女子生徒も悪ノリしたのか、“私の彼氏です”とコメントをして問題になったことがありました」

と内情を明かす。

次ページ教師が“ハメられる”ターゲットになっている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。