競馬GⅠシーズン到来、今年占う4つのポイント

藤田菜七子騎手は「フェブラリーS」初騎乗へ

今年初のJRAGⅠはにわかに注目の一戦となった。2月8日に藤田騎手が栗東トレセンに駆けつけ初めてコパノキッキングの調教に騎乗。殺到した取材陣の前で藤田騎手は「すごくいい馬で乗りやすかった。とても大きなチャンスをいただけたことを本当にうれしく思う。最初は信じられないような気持ちだったが、今はやってやるぞという気持ち。どんな競馬になるかはまだ話し合っていないのでわからないが、しっかり結果を残せるような競馬をしたい」と意欲を語った。

3年目を迎えた昨年は27勝と自身の持つ女性騎手の年間最多勝記録を大幅に更新。着実に技量を向上させている。藤田騎手には追い風も吹く。

JRAは3月1日から重賞や特別レースを除く平場のレースで女性騎手に恒久的に負担重量を2キロ減とする。藤田騎手が現在、JRA所属馬に騎乗し地方も含めて通算51勝以上を挙げているため見習騎手として平場では1キロ減で騎乗しているが、3月から3キロ減で騎乗できるのだ。今後はさらに騎乗依頼があるのではないか。フェブラリーSのコパノキッキングはもちろん、今年の藤田騎手の活躍も大いに期待できる。

スーパーホース不在のレースは売得金が減少

昨年のJRAの売得金は2兆7950億830万4000円で前年比1.7%増。これで東日本大震災があった2011年を底に以降は7年連続で売り上げ増と好調に推移している。昨年のGⅠレースの売得金を分析すると面白いことがわかる。昨年のJRAの平地GⅠ24レース(イレギュラー開催となったJBC3競走を除く)のうち、前年比で売得金が減少したのは10レース。

このうち大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念の6レースには共通点があった。それは2017年にキタサンブラックが出走していたGⅠだった。2018年は主にアイドルホースのキタサンブラックが不在だったGⅠで売得金が減少したのだ。スーパーホースがいると売り上げも増える。ファンが確実にその馬の馬券を買うからだ。キタサンブラックはそんな存在だった。

それにしても2017年にキタサンブラックが出走していたGⅠ6レースすべてで売り上げが減少しているとは驚きだった。天皇賞・春は前年比10.9%減、宝塚記念は9.1%減、ジャパンCは7.7%減。

有馬記念が1.2%減で済んだのは障害最強馬オジュウチョウサン(牡8、美浦・和田正一郎厩舎)が武豊騎手(49)とのコンビで参戦しファンの関心を呼んだからだろう。オジュウチョウサンがキタサンブラック不在をカバーしたと見ていい。

次ページオジュウチョウサンは功労者だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT