「アーモンドアイ」が残した勝ち時計の衝撃

「2分20秒6」をひっさげ、いざ世界制覇へ

2018年のジャパンカップ(芝2400m)を世界レコードで優勝したアーモンドアイと鞍上のクリストフ・ルメール(写真:中原義史/アフロ)

東京競馬場のゴール付近に設置されたロンジン社の時計に「2分20秒6」と表示された瞬間、9万8988人の大観衆がどよめいた。

桜花賞、オークス、秋華賞を次元の違う強さで制し史上5頭目の3冠牝馬となったアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が11月25日のジャパンカップでも驚異的な強さでGI4勝目を挙げた。

競馬はタイムを競うものではないが2400m芝の「2分20秒6」のJRAレコードは衝撃だった。

この連載の一覧はこちら

1989年のジャパンCでホーリックスとオグリキャップの芦毛2頭が死闘を演じて2分22秒2をマークした当時も世界レコードと言われた。

筆者も信じられないものを見たという印象があった。

各国の計測システムが違うために公式の世界記録はないが、1999年に南米版凱旋門賞と言われるアルゼンチンのカルロスペレグリーニ国際大賞でアシデロが2400m芝2分21秒98をマークし、これが世界レコードとされてきた。

国内最強を証明し世界への扉を開けた

日本では2005年のジャパンCでイギリス馬アルカセットが2分22秒1で日本レコードを更新していた。アーモンドアイのジャパンCの勝ち時計は日本レコードを1秒5も更新し、世界レコードと言われるアシデロのタイムよりも1秒以上速かった。

2400m芝の主要GⅠのレースレコードは凱旋門賞が2016年ファウンドの2分23秒61、ドバイシーマクラシックは2016年ポストポンドの2分26秒97、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは2013年ノヴェリストの2分24秒60、BCターフは2012年リトルマイクの2分22秒83。

日本の芝が高速馬場とはいえ差は歴然で、アーモンドアイのパフォーマンスは文句なしのワールドレコードだった。3歳牝馬のジャパンC制覇は2012年ジェンティルドンナ以来史上2頭目の快挙。国内最強を証明し、世界への扉を開けた圧巻のパフォーマンスだった。

アーモンドアイの過去5勝はオークスで比較的前に付けたとはいえ、基本的にはじっくり脚をためて瞬発力を生かすレースぶりだった。今回は最内枠。クリストフ・ルメール騎手(39歳)は「最内枠は発馬次第だけどプランを立てにくいトリッキーな枠だと思っていた。包まれる懸念もあった」と不安も感じていた。しかし、今回は伸び上がるようにスタートを切ったもののダッシュが付いて2番手を追走すると折り合って流れに乗った。

次ページ国枝調教師が振り返るレース
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。