競馬GⅠシーズン到来、今年占う4つのポイント

藤田菜七子騎手は「フェブラリーS」初騎乗へ

ロードカナロア自身は香港スプリント連覇やスプリンターズS連覇など短距離で活躍しGⅠ6勝した快速馬だったが、産駒のアーモンドアイやステルヴィオ、さらに今年のクラシック最有力候補と言われるサートゥルナーリアは距離の融通性を感じさせる。

一方でダノンスマッシュ(牡4、栗東・安田隆行厩舎)のように1200mの重賞を連勝するような自身によく似たスプリンターも送り出している。幅広いタイプを送り出せるのがスーパーサイアーの証明でもある。サンデーサイレンス、ディープインパクトに続くリ-ディングサイアーになる可能性は十分ある。産駒は決して早熟ではない。

アーモンドアイやステルヴィオは早い段階から能力を発揮してきたが、2頭を手掛けるノーザンファーム天栄の木實谷場長は「昨年の今ごろは2頭ともレースの疲れを取るのが精いっぱいだった。今はパフォーマンスを上げるための調教ができる。ロードカナロア産駒には成長力もある」と手応えを語る。

ロードカナロア産駒に対してデビュー前に筆者が抱いていたイメージは短距離タイプだったが、いい意味でその印象は裏切られた。アーモンドアイは今年の競馬界の主役であり、サートゥルナーリアは今年の3歳クラシックの主役となるだろう。ロードカナロア産駒がどんな活躍を見せるかにも注目したい。

21歳の藤田菜七子騎手がGⅠ初挑戦

今週末の2月17日にはJRA今年初のGⅠとなるフェブラリーS(1600mダート)が東京競馬場で行われる。ダートのベストマイラーを決める一戦だが、今年は大きな見どころが加わった。JRAただ1人の現役女性ジョッキーの藤田菜七子騎手(21)がコパノキッキング(セン4、栗東・村山明厩舎)でGⅠに初挑戦する。

JRA所属の女性騎手のGⅠ騎乗は史上初めて。勝てば競馬の歴史が大きく塗り替わる。コパノキッキングは1月27日に東京競馬場で行われたGⅢ根岸S(1400mダート)で短期免許で来日していたオイシン・マーフィー騎手(23)が騎乗し直線鋭く抜け出して重賞初制覇。

レース後、同馬のオーナーのDr・コパこと小林祥晃氏が「フェブラリーSは菜七子で行かせてもらう」と高らかに宣言した。小林氏はこれまでも藤田騎手を数多く起用しており、「菜七子のGⅠ初騎乗を用意できたのは自分らしいしオーナー冥利に尽きる」と語る。

次ページフェブラリーSは注目の一戦に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT