声の衰えを甘く見る人が知らない健康の異変

どう鍛える? 時に重病が見つかることも

山王病院、東京ボイスセンター長、国際医療福祉大学医学部教授であり『フケ声がいやなら「“声筋”」を鍛えなさい』(晶文社)の著者、渡邊雄介さん(筆者撮影)

「久しぶりにカラオケに行ったら、十八番の曲なのにうまく歌えなかった」

「両親に電話をしたら、ずいぶんと年を取ったフケ声になっていた」

なんて経験をしたことはないだろうか? それは、おそらく発声する時に使う、喉の筋肉“声筋(こえきん)”が衰えているのが原因だ。他のさまざまな筋肉と同じく、30歳を超えたあたりから“声筋”も衰えていく。ただし、諦めることはない。声を復活させる方法はある。

まずは自分の“声筋”の調子を知る

そして、ただの声の異常だと思っていたら実は、重病からくるサインの場合もあるという。

山王病院、東京ボイスセンター長、国際医療福祉大学医学部教授であり『フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい』(晶文社)の著書がある、渡邊雄介さんに話を聞いた。

「まずは自分の“声筋”の調子がどうなのか、簡単なテストで判断してみましょう。一息で鼻から空気を吸って『あーーー』と声を出してみます。男性なら30秒くらい、女性なら20秒くらい声を出し続けられるのが健康な状態ですね。15秒を切ってくるとかなり老化が進んでいるといえます」

確かに簡単なテストだ。早速実際にやってみると……20秒足らずで声が出なくなってしまった。僕は46歳の男性であり、老化が進んでいるといえる。

「年齢を重ねるとどうしても筋肉は衰えやすくなりますけど、鍛え直せばハリのある声を取り戻すことができますよ。例えばポール・マッカートニーは76歳ですが、ケアをしっかり行っているおかげで3時間水分補給なしで原曲のキーで歌えます。

次ページどう鍛える?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。