結婚8年、38歳で別れた女が受けた壮絶な暴挙

元夫に話しかけるのも近づくのも禁じられた

裕子さんは、自分はどうなってしまったんだろうと思って、不思議で仕方なかった。

浩二さんに「あなた、私が1メートル以内に近づかなかったらうれしいの?」と尋ねると「あぁ、うれしいわ。ぜひそうしてくれ。そばに寄らんといてくれ」と言われた。夫と口もきけないし、そばにも寄ることもできない。そのため、廊下ですれ違うときは、壁を這うようにして離れた。裕子さんはそんな浩二さんの理不尽な命令を着実に守り続けた。

しかし、精神的な限界を感じて、「こんな生活が本当にいいの?」と尋ねると、「めちゃくちゃ、快適やったわ」と、浩二さんはにこやかな笑顔を見せた。それは約3年ぶりに見た夫の笑顔だった。

ついに「奴隷」と呼ばれ

「私ってこんなに嫌がられてるんだ」と思った瞬間に、裕子さんの中で何かが壊れた。ソファに横になって動けなくなり、家事も手がつかなくなった。

「お前のそばにいると空気が薄くなる」

「お前が奴隷になってくれへんかったら、俺、王様になられへんやないか」

浩二さんは何度も、『奴隷』という言葉を口にした。

「待って! 私ら夫婦やんか。なんで王様と奴隷なわけ? 私、奴隷になるために結婚したわけじゃない」

裕子さんが反論すると、「奥さんが奴隷でいてくれへんかったら、俺は王様でいられへん。王様でおられへんかったら、外で辛いことがあっても乗り越えられへん」

と怒鳴り散らした。浩二さんにとっては奴隷だから、王様の言うことを聞くのが当然で、ルールを守るのも当然という態度だった。

「『給仕せえ、給仕せえ』ってウエイターみたいにこき使われるんです。そのうち、『お前に話しかけるのが、もったいないから、こうやって手で合図したらお茶。これはスプーン。これはフォーク』ってその都度、合図をするようになってきた。

『なんでお茶ちょうだいって言えへんの? お茶っていったほうが早いんじゃない?』と尋ねたら『お前に話しかける労力がもったいない』と返ってくるんです。でもそれで機嫌がいいなら、いいやと思っていました。怒鳴られても、疲れて、ストレスたまってんだなと解釈していたんです。今思うと自分が傷つきたくないという一心で元夫に従っていたんですよ」

当時、少しだけふくよかになっていた裕子さんを、浩二さんはよく「デブ」「お前のそばに行ったら空気が薄くなる」「道が狭くなるから通られへん」とののしった。少しでも言い返すと、「俺が黒いというたら白いものでも黒いんじゃ! 夫婦とはそういうもんじゃー!」と怒鳴るので、次第に反論する気も失われていった。

「俺はマヨネーズがないと暴れるからな」

「俺はマヨラーや。マヨネーズが切れたら俺は暴れるぞ」

次ページ「自分は家具や壁の絵なのではないか」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT