“汚れない"キッチンに懸けるクリナップ

異例の時期に新製品発表

理由の1つは、「2014年4月の消費増税前の駆け込み需要に間に合うには、この時期しかなかった」(クリナップの井上強一社長)ということ。ただ、それ以上にクリナップにとって喫緊の課題だったのは、高級価格帯商品のテコ入れだった。

前回のS.S.のモデルチェンジは2007年だった。これをきっかけに、国内の高級キッチン市場におけるクリナップのシェアは、2007年度の13.9%から2010年度には25.3%にまで拡大した。ただ、これをピークにシェア後退が続き、2013年度上半期(4~9月)は11.9%まで落ち込んだ。

画像を拡大
最高級品としての存在感を示せるか

その背景にあるのは、他社の攻勢ではなく、クリナップ社内でのカニバリ(食い合い)だった。

同社は、2011年6月に中価格帯の「クリンレディ」をモデルチェンジし、すべての部材をステンレスに切り替えた。それまで、オールステンレスは高価格帯のS.S.だけの仕様だったが、クリンレディの刷新によってS.S.の強みが一気に薄れてしまった。その結果、クリンレディの年商が2年連続で増収となる一方、S.S.は2年連続で減収となった。

住宅設備各社が注力するリフォーム分野では、「今のものより1~2ランク、グレードを上げる傾向がある」(井上社長)。そのため、高価格帯の競争力を高めることが何よりも重要になるのだ。

問われる「和製大砲」の真価

クリナップは、2014年4月にイタリアのミラノで開催される住宅設備の国際見本市「ミラノ・サローネ」に、日本のキッチン専業メーカーとして初めて出展する。その際の展示品のベースとなるのが、今回発表された新型S.S.だ。

クリナップという社名は、システムキッチンの調理台、ガスコンロ、シンクの3点セットを野球のクリーンナップになぞらえたことに由来する。世界の強豪メーカーが集まる国際大会で、どこまで注目を集めることができるか。「和製大砲」の真価が試される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。