センター試験直前に「避けるべき」3つのこと

追い込みで長時間の勉強はしてはいけない

センター試験直前にしてはいけないことは何でしょうか(撮影:梅谷秀司)

アップルショックではじまり、米中関係などからも目が離せず、波乱が予想される2019年。大学受験を志す人にとっては、「自分にだけは波乱もショックも起きてほしくない! 」と考えていることでしょう。

受験生にとって、目前に迫っているのがセンター試験(1月19日、20日)です。喫茶店を見渡しても、勉強している人が多い時期になりました。そこで今回は、試験1週間前の受験直前期に、受験生と親が陥ってしまいがちな3つのわなについてお話しします。直前期にやってはいけないこととは何でしょうか。

1つ目は、情報のわな

社会人であれば、普段からアンテナを張り巡らせ、自らの知識、見識を高めるための情報収集をすることは必須です。そのために、新聞や本を読み、セミナーに通い、ニュースアプリなどを熟読するわけです。社会人であれば情報の洪水に呑み込まれても、なんの問題もありません。

しかし、受験直前期に「情報収集」をするのはNGです。いたずらに情報を集めてもいいことなど何もありません。直前期には、「あれが出るらしい」「あの教科書・問題集はよく当たるらしい」といった、まことしやかな話がなぜか回ってきます。

特に、SNSの発達した現代においては、注意が必要です。直前期というのは、自分で思っている以上に神経質、敏感になっているものです。そんなときツイッターを見てみると……。

「センター試験、おれのときはこうしたら成功した」

「センター本番ではこんなのが出て焦った」

といった、自分の体験談のみに基づく、したり顔の大人たちの昔話が氾濫しています。情報の海で溺れてはいけません。

現代においては、情報は集めるよりも取捨選択するほうがはるかに難しいのです。下手に情報を収集してしまうと、その取捨選択に困ってしまい、余計な情報が頭に入ってきて、無駄に戸惑うだけです。

次ページ直前期の長時間勉強もNGだ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT