日経平均反落、大納会は辛うじて2万円台維持

2013年以降の「アベノミクス相場」で初の下落

 12月28日、大納会の東京株式市場で日経平均は小反落した。不安定な米国株に対する警戒感から売りが先行。国内6連休を前にしたポジション調整の売りに押されたが、国内年金勢の買い期待が根強く、終値は2万円台を維持した。写真は東京証券取引所で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 28日 ロイター] - 大納会の東京株式市場で日経平均は小反落した。不安定な米国株に対する警戒感から売りが先行。国内6連休を前にしたポジション調整の売りに押されたが、国内年金勢の買い期待が根強く、終値は2万円台を維持した。年間では2750円17銭安。下落幅は2008年以来の大きさとなり、アベノミクス相場では初のマイナスとなった。

年間騰落率は12.1%安と11年以来の大きさ。TOPIXは年間では323.47ポイント(17.8%)安。日経平均と同様、下落幅は08年以来、下落率は11年以来の水準となった。

大納会のセクター別騰落率は、非鉄金属、鉄鋼が上昇率上位にランクイン。医薬品、小売が2%を超す下落となった。東証1部の売買代金は2兆円を上回った。

後場は膠着感が強い展開となったが、大引け前に仕掛け的な売りで崩され、指数は軟化。取引終了直前まで2万円を下回って推移した。だが引け間際に先物買いが入り、辛うじて2万円を上回って年内の取引を終えた。

ただ、現物株の取引終了後、日経平均先物3月限は下げ幅を拡大。1万9700円台まで下げる場面があった。「現物が引けた後に短期的に需給が乱れた」(国内証券トレーダー)との声が出ている。

いちよしアセットマネジメント・上席執行役員の秋野充成氏は「売り方も怖い局面だが、下方向にトレンドが出ている。売りから入り買い戻し、また売りから入るという流れはまだ断ち切れていない」とみる。

個別銘柄ではZOZO<3092.T>が急落。アパレル大手オンワードホールディングス<8016.T>の事業会社であるオンワード樫山がアパレル通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」への出品を取りやめたと一部で報じられた。報道を嫌気した売りが膨らんだ。

半面、DCMホールディングス<3050.T>が年初来高値を更新。同社は27日、2018年3─11月期の連結経常利益が前年同期比4.0%増となったと発表。19年2月期予想に対する進捗率は86.3%だった。自社株買いの実施も同時に公表。好業績と株式需給に期待した買いが入った。

東証1部の騰落数は、値上がり891銘柄に対し、値下がりが1166銘柄、変わらずが72銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     20014.77 -62.85

寄り付き   19957.88

安値/高値  19900.04─20084.38

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1494.09-7.54

寄り付き     1490.71

安値/高値    1486.31─1499.61

 

東証出来高(万株) 119506

東証売買代金(億円) 20293.39

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。