フィンランドでは「べき論」がありえない理由

大事なのは「あるべき姿」より「ありたい姿」だ

(写真:Ranta Images/PIXTA)

ヤフー、LINE、メルカリ、サイバーエージェント、ソニー、ロート製薬、佐川急便、ソフトバンク……ここ数年、有名企業が続々と副業を解禁しています。

従来は副業といえば一部のベンチャー企業の話でしたが、2018年1月には、副業を「原則容認」とする厚生労働省のモデル就業規則の改定が発表され、政府も副業・兼業を推進する姿勢を見せています。また、いよいよ国家公務員にも兼業が解禁されるとの報道があり、2018年は“副業元年” として注目が集まりました。

そんな副業元年に誕生したのが、「副業」ならぬ「複業」や「パラレルキャリア」といった言葉です。パラレルキャリアとは、本業を持ちながら、別の仕事をしたり、非営利活動に参加することです。会社に勤めながら、農業をする、洋服を販売する、カフェを経営する、NPOに参加する、そういう働き方をする人たちが増えています。

それが「パラレルキャリア」「複業」あるいは「副業2.0」などと呼ばれて、新しいキャリアの築き方として注目を集めているわけです。では「副業」と「複業」、両者の違いは一体どこにあるのでしょうか?

「副業」と「複業」の違い

「副業」と「複業」の大きな違いは目的にあります。副業の目的は副収入を得ることですが、複業の目的は、どれだけ時代が変化しても「代わりのきかない人材」になるための、自分らしい働き方の実現です。

NPO法人や、仕事のスキルを社会貢献にいかすプロボノなど、必ずしも収入が目的でない非営利活動や、自分のキャリアを磨くスキルアップのための活動も含まれます。いくつかの仕事やプロジェクトを同時並行でこなすパラレルワーク、つまり複線型の働き方です。費やす時間に差はあっても、重要度に優劣はなく、ともにメインのなりわいであることが大きな特徴です。

そもそも仕事をする目的は、収入だけとは限りません。スキルアップして自分の可能性を追求したい、「あれもやってみたい、これもやってみたい」といった好奇心を満たす、新しい挑戦をしたい。そんな願いを叶える働き方が、「複業=パラレルキャリア」です。

「そんな働き方、フリーランスだからこそできるんじゃ……」と、サラリーマンとして企業勤めをしている人からすると、どこか遠い世界の話のように思えるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。チャレンジしようと思えば、今日からでも誰にでも始められるものです。

次ページなぜフィンランド人は「キャリアを柔軟に考える」?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。