フィンランドでは「べき論」がありえない理由

大事なのは「あるべき姿」より「ありたい姿」だ

(写真:Ranta Images/PIXTA)

ヤフー、LINE、メルカリ、サイバーエージェント、ソニー、ロート製薬、佐川急便、ソフトバンク……ここ数年、有名企業が続々と副業を解禁しています。

従来は副業といえば一部のベンチャー企業の話でしたが、2018年1月には、副業を「原則容認」とする厚生労働省のモデル就業規則の改定が発表され、政府も副業・兼業を推進する姿勢を見せています。また、いよいよ国家公務員にも兼業が解禁されるとの報道があり、2018年は“副業元年” として注目が集まりました。

そんな副業元年に誕生したのが、「副業」ならぬ「複業」や「パラレルキャリア」といった言葉です。パラレルキャリアとは、本業を持ちながら、別の仕事をしたり、非営利活動に参加することです。会社に勤めながら、農業をする、洋服を販売する、カフェを経営する、NPOに参加する、そういう働き方をする人たちが増えています。

それが「パラレルキャリア」「複業」あるいは「副業2.0」などと呼ばれて、新しいキャリアの築き方として注目を集めているわけです。では「副業」と「複業」、両者の違いは一体どこにあるのでしょうか?

「副業」と「複業」の違い

「副業」と「複業」の大きな違いは目的にあります。副業の目的は副収入を得ることですが、複業の目的は、どれだけ時代が変化しても「代わりのきかない人材」になるための、自分らしい働き方の実現です。

NPO法人や、仕事のスキルを社会貢献にいかすプロボノなど、必ずしも収入が目的でない非営利活動や、自分のキャリアを磨くスキルアップのための活動も含まれます。いくつかの仕事やプロジェクトを同時並行でこなすパラレルワーク、つまり複線型の働き方です。費やす時間に差はあっても、重要度に優劣はなく、ともにメインのなりわいであることが大きな特徴です。

そもそも仕事をする目的は、収入だけとは限りません。スキルアップして自分の可能性を追求したい、「あれもやってみたい、これもやってみたい」といった好奇心を満たす、新しい挑戦をしたい。そんな願いを叶える働き方が、「複業=パラレルキャリア」です。

「そんな働き方、フリーランスだからこそできるんじゃ……」と、サラリーマンとして企業勤めをしている人からすると、どこか遠い世界の話のように思えるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。チャレンジしようと思えば、今日からでも誰にでも始められるものです。

次ページなぜフィンランド人は「キャリアを柔軟に考える」?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。