「自分の伸びしろ」に期待する人の残念な傾向

その認識は周囲のものと合致しているか?

若手社員の伸びしろに関して、職場ではどのように捉えたらいいのか?(写真:kikuo / PIXTA)

人の成長余地について、「伸びしろ」という言葉が使われることがあります。皆さんも日常会話の中で聞いたり、使ったりしたことがあるのではないでしょうか。

「伸びしろ」は有効な判断基準でもある

経営コンサルタントとして数多くのビジネスパーソンと接してきた経験を持つ知人が、伸びしろの大きい社員の特徴を紹介する書籍を書いていました。それによると「伸びしろ」は将来性がある、有望な社員を見極めるために有効な判断基準でもあるということ。

この連載の一覧はこちら

取材した食品メーカーの人事部長は、幹部候補の人材を見出すとき「伸びしろがあるな」と感じるポイントが多いことが重要とあげてくれました。伸びしろがあると感じさせる社員になることは、仕事上で大いに優位であるのは間違いありません。

筆者も管理職時代、部下の抜擢人事をするときには、伸びしろを見極めていた気がします。同期で頭ひとつ抜けた登用には、周囲から見たときの納得性の高さも重要です。その際には目先の業績の高さも重要ですが、

「これから、将来的に大きく成長する可能性を秘めているな」

と感じさせる部分を探して、登用するときに理由の1つにあげていました。さらに言えばその多さと大きさを示すと、周囲の納得感が高まったと記憶しています。

当然ながら伸びしろに関する注目度は、若手社員ほど高いもの。まだ実務経験が短く、経験も少なく、これからのキャリアのほうがずっと長いからです。そこで若手社員の伸びしろに関して、職場ではどのように捉えたらいいのか? 今回の記事では考えていきたいと思います。

次ページ伸びしろの大きさを感じる場面とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。