SUVと同じくワゴンブーム到来はありえるか

背の低さと大荷室、走行性が評価されていい

ステーションワゴンブームは再来するのだろうか(撮影:梅谷秀司)

西村:僕は絶対に揺り戻し的なものがあると信じて疑わない。違うかな(笑)。ステーションワゴンの波がこないまでも、このカテゴリーがもう1回見直されたらうれしいです。

ハッチバックに目を向ける人はいる

――トヨタ「カローラスポーツ」、ホンダ「シビック」のハッチバック、それからスバル「インプレッサ」は、5ドアハッチ車です。5ドアハッチバックは意外と見ますし、わりと売れています。

森口:SUVとミニバンがこれだけ出てきたことで、ほかの車は「パーソナル志向」に振っていいのではないでしょうか。セダンもそうなっている。ハッチバックも最近出てきているのはみんなその方向に振っている。シビックだってかなり低くて室内空間を強調していない。その需要ならばハッチバックに目を向ける人はいるのかな、という感じはしますよね。

――いろいろとお話を聞いてきましたが、率直に言ってステーションワゴンブームは来るのでしょうか。

西村:以前シェアリングの話が出ましたけど、やはり小さい車はそれに向いていると言われるなかで、コンパクトなステーションワゴンは荷物を積みやすいし、立体駐車場にも入る。交通インフラとの関わり合いという意味でも親和性は高いと思う。

繰り返しになるけど個人的にはステーションワゴンブームの再来に期待したい。ただし1、2年の一過性ではなくて、最低でも3年は続いてほしい。魅力的な車、具体的に言えば、牽引として最右翼のレヴォーグが2019年に新型に切り替わると言われていますが、その動きに付随して国内メーカーから出てきて、同時に輸入車も幅が広がったときに、またステーションワゴンが注目されると思います。SUVほど高価格帯になりづらいし、手が届きやすいことも含めてです。

藤島:とはいえ、シンプルにステーションワゴンを選ぶメリットがどれだけ一般の人に広がるのか、ちょっと疑問に思うところがあります。しばらくはSUVとは違う選択肢として、ワゴンが魅力的に映るのかなというところはありますね。

森口:いまのハッチバックの感じぐらいの揺り戻しはくるのかな。むろん日本のメーカーが魅力あるものを出していくことが前提ですけど。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT