SUVと同じくワゴンブーム到来はありえるか

背の低さと大荷室、走行性が評価されていい

森口:そう考えると、スバルはレガシィが「アウトバック」だけになった代わりに、ちゃんと「レヴォーグ」を出して、もともとのレガシィの市場を受け継いでいます。そういうふうにずっとつくり続けているのは、この先ステーションワゴンにもう一度脚光が当たったときにブランドとしては明らかに強みになりますね。

女性は見た目に魅力を感じない?

藤島:家族で乗る車として考えてみると、後席の居住性、荷室の実用性という点では、日本人の女性は違うところに目が行きがちです。「スライドドアのミニバンのほうが、子どもが隣のクルマにドアパンチしないですみます」とか「軽自動車でも背高系のモデルのほうが豊かな空間が得られる」とか。

藤島知子(ふじしま ともこ)/モータージャーナリスト。幼い頃からのクルマ好きが高じて、市販車やミドルフォーミュラカーなどのレースに参戦。2017年は女性初のプロレースシリーズの競争女子選手権「KYOJO CUP」に参戦するなど、自身のドライブ体験を通じたリポートも行っている。テレビ神奈川の新車情報番組「クルマでいこう!」は出演10年を迎えた。日本自動車ジャーナリスト協会会員、2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(撮影:梅谷秀司)

どうしてもステーションワゴンが特徴とする、背が低い全高に空間を備えているメリットになかなか目が行かなくなっています。そうしたことを踏まえると、女性はワゴンに魅力を感じにくいかもしれない。背の低いステーションワゴンよりもSUVのほうが、見た目は豊かだと感じやすいのでしょうね。

西村:そうした状況を踏まえ、純然たる優雅なデザインを持ったステーションワゴンの1つとしてV60がある。BMW「3シリーズ」「5シリーズ」、そしてアウディの各シリーズにしてもステーションワゴンを好む方々は一定数いるわけですよね。実用性だけでなくしっかりデザイン性も考えられている。

一方で今、藤島さんがおっしゃった内容は、いわゆる機能からステーションワゴンをつくりましたというお話で、そうなると当然、優雅さに欠ける。それはまさにおっしゃるとおり。

藤島:いまステーションワゴンを選べる人は、相当な目利きでハイセンスな人ですよね。

西村:確かに。セダンとステーションワゴンを乗り比べると開口面積の大きなステーションワゴンはセダンと同等レベルの剛性を確保するため、たとえば乗り心地が少し硬くなったりラゲッジルームを通じて車内へ入り込む騒音が大きくなりがち。。けれども、ステーションワゴンとSUVの乗り味における違いの差ほど大きくはない。ここにポイントがありますよね。

次ページSUVとは違うスポーティーさを求めている
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT