ホンダ「5代目オデッセイ」発売5年後の通信簿

14センチ車高を上げたミニバン先駆者の現在

フルモデルチェンジしてから5年。オデッセイの評価は?

ホンダの3ナンバーサイズミニバンである「オデッセイ」が2013年11月にフルモデルチェンジしてから、ちょうど5年が経とうとしている。

ミニバンブームを起こしたクルマ

現行オデッセイは5代目に当たる。もともとオデッセイは、日本の本格的なミニバンブームを起こしたクルマだ。しかし、1994年の初代と99年の2代目は人気を得たが、3代目からじりじりと販売台数は落ちはじめ、4代目の末期には年間の販売台数が1万台を切る状況となった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

5年前、5代目に当たる現行オデッセイが登場したときは驚きを持って受け止められた。競合車種がファミリー層を狙ってより居住性を重視し、高い車高や後席にスライドドアなどを装備していったのに対し、3~4代目オデッセイのモデルチェンジでは、差別化を狙って低い車高とヒンジドアを採用。走行性能やスマートなスタイリングにこだわっていた。

それに対して5代目は車高を約14センチメートル引き上げ168.5センチとし、後部座席にもスライドドアを採用した。オデッセイのアイデンティティともいえる2つの大きな特徴を捨て去ったのだ。

この5年間で、その5代目オデッセイはどのように評価されたのか。一世を風靡したオデッセイがなぜ1990年代に誕生したのかという歴史をたどりつつ、探ってみたい。

次ページ1980年代から日本ではRVブームが起こる
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。