ホンダ「5代目オデッセイ」発売5年後の通信簿

14センチ車高を上げたミニバン先駆者の現在

フルモデルチェンジしてから5年。オデッセイの評価は?

ホンダの3ナンバーサイズミニバンである「オデッセイ」が2013年11月にフルモデルチェンジしてから、ちょうど5年が経とうとしている。

ミニバンブームを起こしたクルマ

現行オデッセイは5代目に当たる。もともとオデッセイは、日本の本格的なミニバンブームを起こしたクルマだ。しかし、1994年の初代と99年の2代目は人気を得たが、3代目からじりじりと販売台数は落ちはじめ、4代目の末期には年間の販売台数が1万台を切る状況となった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

5年前、5代目に当たる現行オデッセイが登場したときは驚きを持って受け止められた。競合車種がファミリー層を狙ってより居住性を重視し、高い車高や後席にスライドドアなどを装備していったのに対し、3~4代目オデッセイのモデルチェンジでは、差別化を狙って低い車高とヒンジドアを採用。走行性能やスマートなスタイリングにこだわっていた。

それに対して5代目は車高を約14センチメートル引き上げ168.5センチとし、後部座席にもスライドドアを採用した。オデッセイのアイデンティティともいえる2つの大きな特徴を捨て去ったのだ。

この5年間で、その5代目オデッセイはどのように評価されたのか。一世を風靡したオデッセイがなぜ1990年代に誕生したのかという歴史をたどりつつ、探ってみたい。

次ページ1980年代から日本ではRVブームが起こる
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT