SUVと同じくワゴンブーム到来はありえるか

背の低さと大荷室、走行性が評価されていい

森口 将之(もりぐち まさゆき)/モビリティジャーナリスト。1962年生まれ。移動や都市という視点から自動車や公共交通を取材。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。著書に『富山から拡がる交通革命』(交通新聞社新書)(撮影:梅谷秀司)

森口:そういうなかでステーションワゴンを選ぶユーザーは、SUVとは違うスポーティーさを求めていると思います。オフロード的なスポーティーさとは違って、もっとスマートでアスリートっぽいスポーティーさは、ステーションワゴンでなければ得られません。

昔、ジャガーの「シューティングブレイク」と呼ばれるスポーツワゴンに乗ったことありますが、本当にそういう世界を体現していました。あの世界感をうまく表現すれば、ステーションワゴンはまだ生き長らえる感じがします。いま、ステーションワゴンは、セダンよりも趣味に特化した車。ミニバンもSUVもある以上、メーカーとしても実用でワゴンをつくる必要はないです。

西村:販売を中心として考えて拡充したステーションワゴンは、やはり実用性と優雅さのところで淘汰されると思う。一方でたとえば、4ドア車がステーションワゴンのエッセンスを取り入れてきている部分はある。ベンツの「CLA」「CLS」。BMW3シリーズ、5シリーズでもルーフが伸びてきている。優雅さを求めていくとそうなるのでしょう。

ステーションワゴンは過去の産物なのかもしれないけれども、そのよさを受け継いだセダンからのクロスオーバーがある。多岐にわたるユーザーの要望をしっかり明確に応えてくれるようにもなってきている。

森口:そうすると、今のトヨタ自動車「クラウン」でワゴンをつくったら結構いい感じになるのでは。

藤島:いまやワゴンも違った要素とクロスオーバーが目立つ時代ですよね。ジャガーの「XFスポーツブレイク」はジャガーがモットーとする美しく速いクルマのシルエットだし、あんな素敵な車はないのではというぐらい乗り味も良い。

メーカーの「日銭」で考えるとやはりSUVとミニバン

――日本車メーカーはもっと真剣にステーションワゴンをつくれば、さらに売れるのではないかという気もします。

西村:おそらくメーカーの商品企画の中には、「売りたい」「つくりたい」と思っている人はいると思う。実際に商品企画のほうからは結構ワゴンの話は聞きますよ。けれども自動車メーカーが「日銭」という部分で考えると、まだ市場がしっかり確保されているSUVやミニバンが優先されるのでしょうね。

藤島:SUVが飽和していくと考えていくと、その次のアーリーアダプター層はどう考えるでしょうね。

次ページステーションワゴンのブームは再来するか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT