[社名公開]これが就活で成績を活用する企業だ

三井物産、三菱商事、富士通……大企業人事部の本音

ある企業の採用責任者の方は、導入に際して次のように言っていました。

 「当社には毎年1万人くらいの学生の方が応募してくれます。本当なら全員を面接したいのですが、実際に面接できるのは社内のパワーを考えると2000人が限度なのです。そこで仕方なく、市販のテストで、1万人の応募者を2000人に絞ります。
その結果、多くの学生がそのテストに合格するために、テスト対策をすることになります。学業や課外活動に力を入れるのは意味のあることですが、就活のための市販のテスト対策に学生の時間を使わせることに、意味があるとは思えません。また、そのようなテストにまつわるウェブ上の情報やうわさを聞いた学生が右往左往してしまうことは、私たちの本意ではありません。
しかし、結果的に、自社がテストを利用することで、学生にテスト対策をしろというメッセージを送っているのと同じ状況になってしまっています。
同様に、面接で課外活動や自分のやりたいことを中心に話を聞くことによって、結果的に、課外活動や自分のやりたいことこそが就活において重要だというメッセージを送っていることになってしまっています。
企業の採用手法は、学生への重要なメッセージですので、採用活動の中で学業に触れることは、企業にとっての社会的責任だと考えています」

どの企業の採用担当にとっても、いい人材を効率的に採用することが自分たちに与えられた責務です。そのため、各企業の担当者はさまざまな工夫をするのですが、その手法が、同時に学生に対する企業からのメッセージになっているのです。

次ページ学生に知っておいてほしいこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT