聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋

アンドロメダ瞬の女性化はビジネスのためだ

アニメというジャンルは、近年とくに、ハリウッドにおける稼ぎ頭。だが、時代の流れとともに、アニメのキャラクターも進化してきた。今のアメリカの “意識高い系ママ”は、王子様に救われるのを待っているお姫様の話は、娘によくない影響を与えると考える。彼女らが娘に与えるのは、妹が果敢に姉を救う『アナと雪の女王』や、やはり女の子が大活躍する『モアナと伝説の海』のようなアニメだ。

また、ストリーミング業界で競争が高まる中、Netflixにとって、オリジナルアニメは重要な戦力になってきている。ディズニーとワーナーが自社のストリーミングサービスを立ち上げるに当たり、次々にNetflixから作品を引き揚げていく中、Netflixはますますオリジナル作品の製作に忙しいのだが、中でもとくに子供を引きつけるアニメを豊富に揃えることは、会員の確保上、不可欠なのだ。

すでにAmazon Prime VideoやHuluといったライバルがいるうえ、ディズニーとワーナーまで増えると、一般人は、「全部払うのは大変だから、どれかを解約しよう」と思う。そんなとき、もしわが子がNetflixでしか見られないアニメを気に入っていたら、「これはやめるわけにはいかない」と考えるからだ。

もちろん、Netflixが『聖闘士星矢』に関して下した決断についての不満をソーシャルメディアに投稿した人たちは、親の了解を得なくても好きなものを好きに見られる世代だろう。だが、いくら世界的にアニメが成熟した文化として認められていても、アメリカで予算をかけて作られるとあれば、子供も見られることが前提となる。そうやって作られても、それをわが子に見せるかどうかは、それぞれの親の判断だ。

「この時代に、5人のヒーローが全部男なんですってよ。何を考えているのかしらね」などと最初から悪評が立ってしまっては、せっかくの投資が台無しになる。

この一件の背景にポリティカル・コレクトネスがあるのはたしか。だが、ポリティカル・コレクトネスの背景にあるのは、ビジネスだ。これは決して、Netflixがフェミニストを支持していることを意味しない。ハリウッドを動かすのは、いつだってお金。この先、ヒーロー像がどんなふうに変わっていこうが、そこだけは変わらないのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT