聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋

アンドロメダ瞬の女性化はビジネスのためだ

アニメというジャンルは、近年とくに、ハリウッドにおける稼ぎ頭。だが、時代の流れとともに、アニメのキャラクターも進化してきた。今のアメリカの “意識高い系ママ”は、王子様に救われるのを待っているお姫様の話は、娘によくない影響を与えると考える。彼女らが娘に与えるのは、妹が果敢に姉を救う『アナと雪の女王』や、やはり女の子が大活躍する『モアナと伝説の海』のようなアニメだ。

また、ストリーミング業界で競争が高まる中、Netflixにとって、オリジナルアニメは重要な戦力になってきている。ディズニーとワーナーが自社のストリーミングサービスを立ち上げるに当たり、次々にNetflixから作品を引き揚げていく中、Netflixはますますオリジナル作品の製作に忙しいのだが、中でもとくに子供を引きつけるアニメを豊富に揃えることは、会員の確保上、不可欠なのだ。

すでにAmazon Prime VideoやHuluといったライバルがいるうえ、ディズニーとワーナーまで増えると、一般人は、「全部払うのは大変だから、どれかを解約しよう」と思う。そんなとき、もしわが子がNetflixでしか見られないアニメを気に入っていたら、「これはやめるわけにはいかない」と考えるからだ。

もちろん、Netflixが『聖闘士星矢』に関して下した決断についての不満をソーシャルメディアに投稿した人たちは、親の了解を得なくても好きなものを好きに見られる世代だろう。だが、いくら世界的にアニメが成熟した文化として認められていても、アメリカで予算をかけて作られるとあれば、子供も見られることが前提となる。そうやって作られても、それをわが子に見せるかどうかは、それぞれの親の判断だ。

「この時代に、5人のヒーローが全部男なんですってよ。何を考えているのかしらね」などと最初から悪評が立ってしまっては、せっかくの投資が台無しになる。

この一件の背景にポリティカル・コレクトネスがあるのはたしか。だが、ポリティカル・コレクトネスの背景にあるのは、ビジネスだ。これは決して、Netflixがフェミニストを支持していることを意味しない。ハリウッドを動かすのは、いつだってお金。この先、ヒーロー像がどんなふうに変わっていこうが、そこだけは変わらないのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。