聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋

アンドロメダ瞬の女性化はビジネスのためだ

なぜ『聖闘士星矢』の人気キャラが「女性」に改変されたのでしょうか?(写真:Netflixの公式YouTubeアカウントより)

Netflixが来年夏全世界配信する3DCGアニメ『聖闘士星矢:Knights of  the Zodiac』が、早くも論議を呼んでいる。主要キャラクターのひとり、アンドロメダ星座の瞬が、男性から女性に変えられたせいだ。

80年代後半に制作された日本のアニメと原作漫画では、主要キャラクター5人全員が男性。当然ファンの抵抗は大きく、12月8日に予告編がYouTubeにアップされると、「いいね」がおよそ6000近くついたのに対し、「やだね」は1万件以上もついた。

それを受けて、プロデューサーのユージーン・ソンは、「30年前なら、男ばかりの集団が世界を救っても問題はなかった。当時はそれが普通だったからだ。だが、世の中は変わった。今は、男と女が一緒に仕事をするのが普通。僕たちは、そういうのを見慣れている。男だけのものにしてしまったら、視聴者は、僕らが何かのメッセージを送っていると受け止めてしまうだろう」とツイートで言い訳をしている。

それがまた火に油を注ぎ、ネット上には「原作に敬意を表するより、政治的な課題を優先するんだね」「男女を変えるのにはいつだって反対。その裏には必ず政治があるから」といったネガティブな投稿が集まることになってしまった。ソンのツイートは、その後、削除されている。

「ポリティカル・コレクトネス」の問題

ソンの言うことと、ファンの言うことは、いずれも的を射ている。裏にあるのは、間違いなく「ポリティカル・コレクトネス」だ。

ハリウッドでは昔から男女不平等がはびこっており、ロマンチックコメディなど一部を除けば、主役はたいてい男性だった。女性はスクリーンに花を添える役割で、若く美しいことが大前提。男が50代、60代になっても主役を張れるのに対し、そのお相手はいつまでも20代だ。歳を取ればお役御免。次には若い子がまたどんどん出てくる。

そういった状況に対し、近年は是正を求める声が上がり始めた。昨年末には、ハリウッドで最もパワフルな女優や女性業界人が中心となり、「#TimesUp」(もうおしまい)という、男女平等の抗議運動を起こし、批判はピークに達している。

しかし、業界内では、それを待たずしても、少しずつ耳を傾ける動きが出てきていた。たとえばこの夏には『オーシャンズ11』を女性でリブートする『オーシャンズ8』が公開されている。

次ページ「女性が強い」映画が増える理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。