聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋

アンドロメダ瞬の女性化はビジネスのためだ

また、来年にはメル・ギブソン主演の2000年映画『ハート・オブ・ウーマン(原題:What Women Want)』を、男女を入れ替え、タラジ・P・ヘンソン主演でリブートする『What Men Want』が北米公開される予定だ。しかし、2016年の女性版『ゴーストバスターズ』が保守派の男性からバッシングを受けたことを振り返れば、この流れが受け入れられるようになったのが、ごくごく最近であることがわかる。

そして、『オーシャンズ8』や、夫を亡くした妻たちが暴れまくるヴィオラ・デイヴィス主演の『妻たちの落とし前』(来年4月日本公開)にも明らかなように、ただ女を主人公にすればすむわけではなく、その女たちは、男並みに強く、しっかりして、複雑な人間性を兼ね備えていなければいけない。

近年、ハリウッドで最も耳にする言葉のひとつは「strong female character(しっかりした女性のキャラクター)」。女優は「そのひとりを演じられて光栄」と語り、プロデューサーや監督は「そういう女性像を映画に入れるのは重要なこと」と、誇らしげに語る。たとえば戦場を舞台にした歴史物など、実際にその場には男しかいなかったという話ならともかく、「strong female character」を出せる余地があったのに出さなかったとあれば、今の業界では、まるで罪を犯した者のように扱われる状態なのだ。

Netflixが女性に配慮する目的

『聖闘士星矢』には、もちろん、強い女性を出してくる余地がたっぷりある。日本では2017年に公開された『パワーレンジャー』だって5人のうちふたりが女なのだから、ひとりではなくふたりにしてもいいくらいだ。だから、やらないわけにはいかないのである。

だが、本当にその目的を貫くなら、別のキャラクターを選んだほうがよかったかもしれない。女性にするキャラクターに、繊細な心を持ち、ピンクの鎧をつけている瞬を選んだことに対しては、「それ自体が女性差別的発想」という批判が上がっているのだ。

このやりかたは中途半端で「偽善的」と非難されるのもやむをえない部分がある。と言うと、「そんな大人の論議をアニメの世界にまで持ち込まなくても」という声も聞こえてきそうだが、それは違う。むしろ、アニメだからこそ大切なのだ。

次ページアニメはハリウッドでも「稼ぎ頭」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT