変形型「パラ卓球台」がもたらした新しい発見

私達の視界の違いを実際に可視化してみると

この卓球台はリオデジャネイロ五輪で卓球台を提供した「株式会社 三英」とTBWA HAKUHODOが共同製作した。「いろいろな方々の協力で、急ピッチで作っていただけた」と、立石氏は感謝している。

三英は日本の卓球台のトップメーカー。現在、世界で主流になっているブルーの卓球台も、同社が卓球のイメージアップのためもあって1992年バルセロナ五輪でデビューさせている。

三浦慎社長は今回のパラ卓球台の取り組みについて「卓球台を通じてパラスポーツをもっと知っていただきたいと思った。協会のアイデアを具現化して、一般の方々に知ってもらい、体験してもらえるようにと考えました」という。

こだわったのは「形は違っても、五輪と同じ性能の台にする」ということ。素材も作りも同様。ただ、製造ラインには乗らないので、すべて手作りで約2カ月かけて作ったという。

「選手からビジュアルの希望を聞いたりしていて、われわれにもワクワク感がありました」という。天板が変形しているので、倒れないようにバランスをとる脚部などに工夫がされている。「説得力ある形になったと思います。ぜひ、みなさんに見ていただき、体験していただきたい。」と話した。

「見え方」の違いを気づくきっかけに

パラ卓球協会の立石氏は、パラ卓球台の今後の使い方について「パラスポーツの体験会や、小中学校など教育機関で使っていただきたいと思っています。もっと多くの人にも体験してもらえるように、たとえばショッピングモールとか、何かのイベントでも活用していただけたら」と話した。

パラ卓球台ができるまでの過程をまとめた動画が、12月10日からYouTubeで公開された。

PARA PINGPONG TABLE|カタチにとらわれない卓球台

今回は3種類の「パラ卓球台」だが、障がいによってさまざまな「見え方」があるのもわかる。「何かを感じていただくことに、モノとしての価値がある」と、製作した三浦社長。

健常者にとっては何かに気づくきっかけになるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT