「寝落ち電話」をSNS投稿するカップルの心理

若者の間で広がる新たな自慢の一形態

若者たちの「間接自慢」の現在とは?(写真:筆者提供)

2015年、筆者らは「間接自慢」という言葉を創りました。これは、今の若者たちが、「直接的・ストレートにではなく、間接的・婉曲的に言いにくいことを表現するようになっている」という内容、意味です。

『間接自慢する若者たち』という書籍でも紹介していますが、SNSでつながり過ぎた若者たちは、直接的な表現、特に自慢をすると、SNS以前より多くの人たちから「うざい」と思われるようになってしまっています。場合によっては炎上してしまうこともあります。

そんな間接自慢という言葉ができてから早3年。最近では間接自慢の新しい手法が出てきているので、現役の大学生たちがそれらを紹介してくれます。

夜から朝までLINE通話したままの「寝落ち電話」

通話時間が表示されたLINEの画面。睡眠を含めた通話はなんと10時間近くになることも(写真:筆者提供)

最近、LINEの無料通話を利用した「寝落ち電話」が若者の間で流行っている。寝落ち電話とは彼氏や彼女(もしくは仲のいい友達)と夜に寝る前から通話を始めて、次の日の朝まで通話しっぱなしという状態を示す。無料通話アプリが当たり前になり、通話しっぱなしでもお金はかからないのだ。

今回リポートしてくれる大学生たち。写真左から、牧之段直也(早稲田大学3年)、松崎瑞穂(青山学院短期大学2年)、千葉愛子(日本女子大学2年)

 

通話しっぱなしといっても、ずっと話し続けているわけではなく、「まったく会話をしない時間がほとんど」というカップルも少なくない。寝落ち電話という名前にある通り、どちらかが先に「寝落ち(電話をしたまま眠りに入ってしまうこと)」もしばしば。相手のいびきさえ聞こえてくることもよくあるそうだ。

都内の女子大に通うKさんは、彼氏と毎晩寝落ち電話をしている。彼女いわく「寝落ち電話をしていたらずっと彼氏が隣にいる気がして落ち着く。彼氏が朝起きたときの声で自分が目を覚ますのが同棲している感じがしていい」とのことだ。

次ページ恋人の親同伴「彼親デート」も流行りに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。