「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩

搾取し続けてきた毒母から逃げ出したい

畑中祥子さんは、稼いだお金をすべて母親に管理されてきた(編集部撮影)
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「この前母親の首を絞めてしまった。でも後悔はしてない。この現状からはやく逃げたい」と編集部にメールをくれた、北関東に住む25歳の女性だ。

母親が銀行カードと通帳を管理

「この先、何もいいことないと思うのであと5年くらいで死にます。たぶん、自殺すると思います。生きていても、何もいいことはないだろうし、もうそれでいいです」

畑中祥子さん(仮名、25歳)は席に座るなり、そんなことを言いだした。北関東の小さな街。到着してから誰も通行人を見ないし、入った飲食店にも客は誰もいない。

この連載の一覧はこちら

店内は静かで「死にます」という声が響く。畑中さんは地味でおとなしい雰囲気の女性で、病んでいるようには見えなかった。地元の進学校を卒業して非正規職を転々として、現在は企業の研究所で雑務をしている。時給は地域では破格の1400円で、手取りは18万円ほど。仕事には、なんの不満もないという。

どうして5年後に死ぬのだろうか。現在は母親と2人暮らし。父親は出稼ぎ中で老朽した木造一軒家に51歳になる母親と住んでいる。所有物件なので家賃はかからない。どうも、家庭に問題があるようだった。母親は無職で父親からの仕送りをもらうが、それでは足りないと畑中さんの収入に依存している。

彼女の銀行カードと通帳は、社会人になってからずっと母親が管理しているという。そこでトラブルが起こったようだ。

事件が起こったのは、10日前。

ずっとまじめに働いているが、母親から渡されるのは月2万円ほど。携帯代、ガソリン代でなくなる。数年前から母親に収入を管理されるのはおかしいと思い、何度もカードを返してほしいと伝えている。そのたびに言い合いとなっている。

次ページ母親の言い分は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT