北関東出身の彼女が地元と実家に絶望するワケ

「東京の大学に進学」は地元を捨てる事と同意

採用面接を落ちる原因は全部「適性検査」だという羽田さん(編集部撮影)
この連載では、女性、とくに単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「親から逃げて上京したものの、うつ病で仕事を転々としている。スマホも税金も払えなくて金融ブラック。気付いたら200社は落ちている。また遅刻してクビになった」と編集部にメールをくれた、北関東に住む24歳の女性だ。

3年前に家族を捨てて「家出」した

「200社くらい面接に落ちて、やっと先週、派遣に決まりました。月給15万円くらいの仕事です。やっと最低限の暮らしができそうです」

八王子駅ビル。羽田優加さん(仮名、24歳)は遅れてやってきた。自宅は駅から徒歩30分以上、バス便の不便なところで時間が守れないことが多いようだ。美少年のような女性だった。住民票の住所は北関東のある町で、3年前に家族を捨てて家出している。

誰も頼る人がいない。半年間に及んで無職の期間は、クラウドワークスでイラストなどの仕事を引き受け、家賃や光熱費を滞納しながらなんとかギリギリの生活を送った。フリーの仕事は限界を超えて価格が下落している。最低限の生活すらできない。2週間ほど前、200社以上の不採用が続く渦中に、空腹と不安で精神的に耐えられなくなり、衝動的に取材に応募したという。

この連載を書籍化した『東京貧困女子。』の見本版をプレゼントします。詳しくはこちら

「まあ、さすがにもうどうしようもなくなって、生活保護を受けて生活したほうがいいのかなと思って病院にも行きました。採用面接を落ちる原因は全部適性検査です。なにかがおかしいんだと思う。発達障害の検査を受けましたけど、“境界域”と言われて手帳はとれませんでした」

北関東の実家とその地域に問題があるようだった。北関東とは関東地方北部にある群馬県、茨城県、栃木県の3県のことだ。埼玉県北部を含めて4県を指すこともある。羽田さんに「出身地は本当に嫌なのでボカして欲しい」と言われているので“北関東”にしている。

次ページ北関東は衰退の一途をたどっている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?