投資信託の「基準価額」とはいったい何なのか

12月に投資をしようと思っている人へ

投資信託を購入する際の指標は、個別株とは違う。投資信託を買うときには3つのポイントに着目したい(写真:kikuo / PIXTA)

株式投資の鉄則は「安く買って、高く売ること」です。しかし、「言うは易し行うは難し」なのは、経験者ならば誰もが実感していることでしょう。

個別株を購入する際、銘柄の現在の株価が本来の企業価値よりも低い場合、「割安」という投資判断を行うことがあります。しかし、投資信託の場合はどうでしょうか。1つの尺度は「基準価額」ですが、これ自体は「割安・割高」の判断基準にはならないと言われています。

そもそも、基準価額とは何でしょうか。これは投資信託の1万口当たりの値段を表すものです。運用会社によって毎営業日1回算出され、運用実績に応じて上下に変動します。利益を得る方法は株式投資と基本的には同じで、基準価額が値上がりしたところで売却すれば、その差額分が利益となるのです。では、なぜ投資信託を選ぶ際、基準価額だけで「割安か、割高か」を判断できないのでしょうか。その点を、これから解説していきます。

買いが増えても、株価のようには上がらない

現在の株価の「割安・割高」を示す指標として、「PER」(株価収益率)などがあります。PERとは、株価を1株当たりの純利益で割ったもので、その数字が小さいほど、割安ということになります。

一方、基準価額は、投資信託が運用しているすべての金融商品の総額(純資産総額)を、投資家が保有する口数(総口数)で割ったものにすぎません。株価であれば需要と供給の関係によって値が決まるため、買い(需要)が増えれば株価も上昇します。しかし、基準価額は、買いが増えれば純資産総額と同時に保有する口数も増えるため、値が上昇するとは限らないのです。市場における需要と供給ではなく、投資信託が保有する資産の増減によって、基準価額の値は変化します。

基準価額は、複数の資産(株や債券など)から算出される値であり、単純に「割安・割高」を示すものではないのです。ですから、基準価額自体が割安・割高の判断材料にはなりません。その代わりといってはなんですが、取ったリスクに対してどれだけのリターンを得られたかという投資効率を示す「シャープレシオ」などの指標が存在します。

次ページ同じ指数連動型なら、得られる利益はほぼ同じ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT