子どもを追いつめる、親たちの「願望と正論」 「押し付け」を変えるための「6つの提案」

✎ 1〜 ✎ 100 ✎ 101 ✎ 102 ✎ 最新
拡大
縮小

筆者から6つの提案がありますので、最後にお話したいと思います。

1:勉強よりも人との交わりを重視する

そのために、キャンプや集団行動する場、グループ学習を経験する環境を作っていきます。

2:勉強は特にやらなくてもいいと伝える

ただし、勉強は役立つこともあるので、自分で必要と思えばやればいいと伝える。この背景には次のようなことがあります。「子どもは基本的にあまのじゃくであるため、親の言うこととは逆行する」。

3:中学受験をさせることはやめる

今の状況下での中学受験は、お子さんにとって危険なシナリオです。なぜなら、いただいた文章からわかるお子さんの状態を察するに、今勉強に対してスイッチが入る段階とは到底思えないからです。勉強にまったく関心がない現在の状態で受験勉強を強制すると、形だけの勉強をやることを覚えたり、さらに失敗したときに親のせいにする可能性があります。「自分は本当はやりたくなかった。でも親の言うとおりにやったのに失敗した」と。ただし、本人がやりたいというのであればもちろん応援します。

4:片付けができないことを気にしない

本来は片付けができたほうがいいが、おそらくお子さんは現段階では難しい。したがって、そのまま放置して自分が困る状況を作るか、親が援助する。

5:自分を律することを期待しない

基本的に小学校5年生で自分を律することができる子は少数ですが、山本さんのお子さんの状況から察するに、現状の家庭内においては難しいでしょう。期待をすると、その期待に合わせようと親が作為します。すると悪化します。ですから、期待することを一切やめてみる。

子どもは指示されると素直に動かない

6:親は、子どもの行為ばかり見ずに、自分の人生を楽しむことを考える

おそらく山本さんのご家庭内では、親から子どもへの、指示、命令用語が頻繁に使われていることでしょう。確かにできていないことがたくさんあり、それが気になるために発される言葉でしょうが、そのような用語を使用して素直に動く子はいません。

なぜこのように子どもの「できていない部分」に意識が向いてしまうかというと、親自身が自分の人生を楽しむことに意識がフォーカスできていないということが背景にあったりします。すると、その結果、子どものネガティブな部分にばかり目がいくようになります。

山本さんのお気持ちはよくわかります。親として通常、そのように子どもの将来を心配するということはあるでしょう。しかし、現状、うまくいっていないということは、やり方が間違っているのです。それをさらに強化しても悪化するだけなのです。ですから思い切って、これまでやってきたことを変えてみてください。これまでとは違った親の対応に、きっと子どもに変化が出てくることでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT