皇室とそのお金事情、今さら聞けない超基本

池上彰が皇室典範と皇室経済法から徹底解説

皇居周辺には外国人旅行客も多く訪れる(写真:Crisfotolux/iStock)

11月30日に53歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまが、長女・眞子さまの結婚問題や大嘗祭について苦言を呈され、大きな話題となりました。

戦後の皇室は「菊のカーテン」などと呼ばれていました。それぐらいヴェールに包まれた存在であり、国民が皇室の内側のこと、ましてや日常生活を知ることはできませんでした。しかし現在は「開かれた皇室」ですから、皇室のことをある程度、知ることができるようになりました。

そもそも皇室とは何か?

では、そもそも皇室とは何でしょうか。国語辞典を引くと「天皇とその一族」などと説明されていますが、そうすると、どの範囲までが「一族」に含まれるのかが気になります。

宮内庁のホームページを見ると、「皇室は、天皇陛下と皇族方で構成されています」と書かれています。「天皇陛下と皇族方」とあるのは、天皇は、皇族には含まれないからです。ややこしいですね。公式のように表現すると、「皇室=天皇陛下+皇族」となるのです。

拙著『池上彰の「天皇とは何ですか?」』でも詳しく解説していますが、この皇族の範囲は、1947年に皇位継承のルールを決めた法律、「皇室典範」で次のように定められています。

第五条
皇后(こうごう)、太皇太后(たいこうたいごう)、皇太后(こうたいごう)、親王(しんのう)、親王妃(しんのうひ) 、内親王(ないしんのう)、王、王妃 及び女王を皇族とする。

聞き慣れない言葉もあると思うので、1つずつ解説しましょう。

皇后はわかりますよね。天皇陛下のお妃(きさき)が皇后です。太皇太后は、先々代の天皇の皇后、皇太后は先代の皇后のことです。

親王は、天皇陛下と皇后の間に生まれた皇子(おうじ=息子)と、皇子とそのお妃から生まれた男子の皇孫(こうそん)のことをいいます。そして皇子、皇孫のお妃が親王妃です。

内親王は、天皇陛下と皇后の間に生まれた皇女(こうじょ=娘)と、皇子とそのお妃から生まれた女子の皇孫のことです。

次ページ皇族と国民の違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT