イギリス人は「結婚=皇籍離脱」に驚いている

眞子さまの婚約内定は「悪いニュース」なのか

高級日刊紙、i(アイ)に使用された2人が見つめ合う写真(筆者撮影)

秋篠宮家の長女眞子さまと大学時代の同級生である小室圭さんの婚約内定会見が9月3日、東京で開かれた。エリザベス女王を君主とする王室の伝統が長い英国では日本の皇室への関心が高く、英国に留学経験のある眞子さまのファンも少なくない。公共放送最大手BBC(英国放送協会)や大手新聞各紙の電子版は会見の様子を複数の画像、動画を使って報じた。

見つめ合う2人の写真

眞子さまと小室さんが婚約に向けて準備を進めていることが判明したのは5月中旬だったが、この時から一貫して、英メディアは眞子さまが一般人の男性と結婚した場合、皇室典範に沿って皇籍を離れざるをえないことを問題視してきた。

今回婚約が内定したことで2人を祝福する論調はあるものの、女性の皇族であることの負の部分や皇室のメンバーが減少しつつあることを指摘する姿勢を崩していない。

どの媒体も掲載したのが、記者会見場で並んで座る眞子さまと小室さんが互いを見つめ合ったり、眞子さまが小室さんに、あるいは小室さんが眞子さまに甘い視線を送る画像の数々。特に、2人の視線が交差する1枚は互いに目で何かを確認し合っているようにも見え、何年も苦楽を共にした夫婦のような雰囲気が出ていた。

高級日刊紙、i(アイ)はまさにこの1枚を使い、「プリンセス、笑顔がいかに心を射止めたかを吐露(Princess revealed how a smile captured her heart)」(4日付)と題する記事を掲載した。

次ページ朝刊無料紙のメトロは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT