上場するソフトバンクの時価総額はいくらか

売出価格の仮条件は1500円、上場は12月19日

 11月30日、ソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。写真は都内で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。12月19日に東京証券取引所に新規上場する。

仮条件はレンジで公表するケースが多く、一本値となったのは国内ではブックブルディング方式導入以来、初めて。

売出価格は12月10日に決定するが、1500円となる可能性が高い。

売出のオファリング額は最大2兆6000億円。時価総額は7兆1000億円程度になる。

総売出株式数は16億0369万株、国内売り出しは14億2728万株、海外売り出しは1億7640万株の見込み。オーバーアロットメントによる売り出しが1億6036万株。

ジョイント・グローバル・コーディネーターは、野村証券、みずほ証券、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券、SMBC日興証券が務める。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。