上場するソフトバンクの時価総額はいくらか

売出価格の仮条件は1500円、上場は12月19日

 11月30日、ソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。写真は都内で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。12月19日に東京証券取引所に新規上場する。

仮条件はレンジで公表するケースが多く、一本値となったのは国内ではブックブルディング方式導入以来、初めて。

売出価格は12月10日に決定するが、1500円となる可能性が高い。

売出のオファリング額は最大2兆6000億円。時価総額は7兆1000億円程度になる。

総売出株式数は16億0369万株、国内売り出しは14億2728万株、海外売り出しは1億7640万株の見込み。オーバーアロットメントによる売り出しが1億6036万株。

ジョイント・グローバル・コーディネーターは、野村証券、みずほ証券、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券、SMBC日興証券が務める。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT