上場するソフトバンクの時価総額はいくらか

売出価格の仮条件は1500円、上場は12月19日

 11月30日、ソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。写真は都内で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>の通信子会社ソフトバンク(SB)は30日、売出価格の仮条件は1500円と発表した。想定価格と同価格となった。12月19日に東京証券取引所に新規上場する。

仮条件はレンジで公表するケースが多く、一本値となったのは国内ではブックブルディング方式導入以来、初めて。

売出価格は12月10日に決定するが、1500円となる可能性が高い。

売出のオファリング額は最大2兆6000億円。時価総額は7兆1000億円程度になる。

総売出株式数は16億0369万株、国内売り出しは14億2728万株、海外売り出しは1億7640万株の見込み。オーバーアロットメントによる売り出しが1億6036万株。

ジョイント・グローバル・コーディネーターは、野村証券、みずほ証券、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券、SMBC日興証券が務める。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT