結婚は損か得か、40~60代男女の動かぬ本音

女性は経済的、男性は精神的安定を求める

次いで、配偶者や子どもの有無にかかわらず「相談・癒やしの相手や自分を理解してくれる存在」が男性約4割・女性4割強~5割弱で続きます。このほか、「生活資金の確保」の割合については女性が男性よりも高く、「仕事や自己実現のためのパートナーとしての役割」の割合については男性が女性よりも高くなっています。

人とのつながりを求める

長寿社会を生きていくうえで、「共に老後を生きていくパートナーとしての役割」「相談・癒やしの相手や自分を理解してくれる存在」など人とのつながりを求める人は多いようです。

そこで最後に、自分自身の幸福感や、それに大きくかかわっているものは何かを尋ねました。

現在の自分の幸福度を尋ねたところ、既婚者では子どもの有無にかかわらず男女とも8割強が幸せ(「とても幸せである」+「どちらかと言えば幸せである」)と感じています。また、未婚者と離別者・死別者については、男性5割強・女性7割弱が幸せを感じています。

そこで、何が自分の幸福度に大きな影響を及ぼしているか尋ねました。影響が大きいものとして男女で共通しているのは「健康」と「収入」で、「健康」は男性3割強~4割強・女性4割弱~5割弱、「収入」は男性3割強~4割強・女性3割弱~4割弱となっています。

次ページ人生100年時代を前提に人生設計を
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。