結婚は損か得か、40~60代男女の動かぬ本音

女性は経済的、男性は精神的安定を求める

女性では、子どもの有無にかかわらず「経済的な安定」が5割~6割弱と最も高くなっており、特に子どもがいない既婚女性では57.2%となっています。子どもがいる既婚女性では「出産・子育てという家族形成」が44.5%で続きます。

未婚者、既婚者で異なる点

また、「相談相手や癒やしとなる人間関係の場」が男性約3割・女性3割強~4割弱となっており、男女ともに未婚者はほかよりやや低い割合となっています。

長寿化に伴い、定年後の夫婦生活は一般的に20年以上になることが予想され、独身者は1人で過ごすセカンドライフも長期化することが予想されます。

そこで、40~64歳の男女に配偶者やパートナーに特に求めるものを尋ねたところ、「共に老後を生きていくパートナーとしての役割」が男女ともに最も高くなりました。既婚男性では子どもの有無にかかわらず7割弱、既婚女性では子どもがいる場合63.4%・子どもがいない場合70.7%と、未婚者や離別者・死別者よりも高くなっています。

次ページ幸福感に大きくかかわるものは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。