「東大エース」がプロで受けた洗礼と42歳の今

六大学野球・8勝の投手が、2年未勝利で引退

成功するかどうかで考えれば、明らかに分が悪い。成功確率というものがあるとすれば、かなり低かったはずだ。だが、遠藤はそこを見なかった。そもそも、成功するかどうかなど、誰にもわからない。

腕に覚えのあるアスリートなら、当然、少しでも高いレベルで戦いたいと思う。東大でエースになり、通算8勝を挙げた遠藤が、プロ野球を目指したのは自然の流れだ。

『プロ野球を選ばなかった怪物たち』(イースト・プレス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「結果的にいま、GM補佐という仕事についているので、引退後の規定路線のように思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

僕は選手以外の立場でプロ野球の世界で働こうとは少しも思っていなかった。現役選手のとき、そこに魅力は感じませんでした」

好きな野球で、高いレベルで勝負したいという思いがあった。全力を注いだ結果、いまにつながる道ができたのだ。

「スポーツをやっている人間なら、もっとレベルの高いフィールドが目の前にあって、それにチャレンジする権利があったら、当然やるでしょう。僕はほかの職業と比較することはなかった」

プロ野球を選んだ人生がもたらしたモノ

遠藤は42歳になった。同じ1976年生まれのプロ野球選手はみな、ユニホームを脱いだ。

「東大の同期は40歳を過ぎ、会社のなかで差が出始めるころです。一流企業で着実に階段を上がっている人もいれば、そうじゃない人もいる。仲間からは『遠藤はいいよな。おまえの人生のなかで、出世とか収入とか関係ないんだろう?』と言われます。

全然関係ないわけじゃないんだけど、そういうことに縛られていないように見えることは、ありがたいことかもしれません。プロ野球を選んだ時点でそう思われたようですね(笑)」

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT