世界の少女「10人に1人がレイプ被害」の異常

「暴力にレッドカードを」

スペイン・マドリードで(写真:REUTERS/Sergio Perez)

[ロンドン(Thomson Reuters Foundation)] - 11月25日、ジェンダーに基づく暴力に反対する女性の抗議集会が世界各国で行われ、欧州議会議長が家庭内暴力の根絶を支援する姿勢を印象的な方法で表明した。

口紅で目の下に赤い線

欧州議会議長のタイヤーニ氏は口紅で目の下に赤い線を引いて、ブリュッセルでの大規模なEU離脱サミットに出席。クリスティアーノ・ロナウドをはじめとする有名サッカー選手に倣って伊の暴力反対キャンペーンを支援した。

伊の政治家タイヤーニはサミットで「普通に起こっていることは普通ではありません」と家庭内暴力について述べた。同氏はその後「女性に対する暴力は容認できません。私は母からそれを学び、子供たちに教えています」とツイートした。

伊の名門サッカークラブの選手たちは、女性に対する暴力に反対するイタリアの運動を支援するために、赤い口紅で頬にマークをして週末にかけての試合に出場した。この運動が用いる#unrossoallaviolenzaのハッシュタグは「暴力にレッドカードを」の意味だ。

次ページ10人に1人の少女がレイプ被害
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT