オフシーズンも気になるプロ野球選手の動向

忘れてはいけない14年前の出来事も振り返る

そこで、ポジションごとにお互い遠慮なくのびのびと練習させるために、仙台組と倉敷組を分けたのではないか。つまり、それだけ練習を厚くしたのではないでしょうか。

今季のヤクルトスワローズで例えると、昨年は最下位に終わり、そのシーズンオフの秋季キャンプでは猛練習を選手に課した結果、今季は2位と大躍進しました。

練習方法はそれぞれあると思いますが、勝つためには、今までとは違ったことをしなければ変化も期待できないです。今季の楽天は打撃部門において、明らかに昨年を下回る成績でした。ですから徹底した練習が必要だと感じ、倉敷キャンプは野手だけを送り込んで徹底した練習を行い、レベルアップを図ったと考えるのが妥当でしょう。

今回は若手中心のキャンプだったとは思いますが、野手全体での技術向上、メンタル面の強化が必要だと思うので、来年の春季キャンプでも質・量ともに落とさずに徹底した練習を課して、来季開幕に臨んでほしいと、OBとして思います。

楽天に西武・浅村の加入も

新戦力に関しては、西武からFA宣言した浅村選手の獲得を、楽天球団が発表しました。

浅村選手を獲得できたことで攻撃力は上がるのは間違いありません。

私も昨年まで対戦相手として浅村選手を間近で見ていましたが、打率も残せますし長打力もあり、チャンスにもめっぽう強い、球界を代表する野手の1人です。期待が高まります。

もう1人を挙げるなら、ヤクルトを戦力外となり、楽天が育成選手で獲得した由規投手。ここ数年間は肩の故障で1軍登板は少ないですが、故障前はヤクルトの右のエース格として活躍していた実力者。なにより、出身地が仙台と、楽天とすでに相性がいい! 故障が癒えればある程度の成績は残してくれるはずです。地元パワーでもうひと花咲かせてほしい!

さて、最後に久しぶりに私の半生の振り返りをさせてください。

次ページ日本プロ野球史上初の出来事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT