オフシーズンも気になるプロ野球選手の動向

忘れてはいけない14年前の出来事も振り返る

中には、投手は横浜DeNA・山﨑投手、楽天・松井投手、野手ではヤクルト・山田選手、ソフトバンク・柳田選手、西武・秋山選手など、日本球界を代表する選手も入っていましたが、全体的に見ると、今シーズン若手で活躍した選手を中心に、チーム編成していた感が強いです。

その若手選手の中でも、個人的に注目したいのは以下の選手です。

投手では今季最多勝を獲得したカープ・大瀬良投手、西武・多和田投手。野手ではパ・リーグ ホームラン王の山川選手や、3割30本100打点を記録した巨人・岡本選手。

そして私の古巣 楽天からは今季レギュラーとして定着し、新人王候補として名前が挙がっている田中選手。これらの選手は今から数年間、2020大会に向けて、そして各チームにおいても主力としての活躍が期待できるでしょう。

今回の日米野球は、侍ジャパンにとって自信になったと思いますし、なにより、今後のオリンピック代表チームを編成していくうえでも、何が必要で何が足りないか、というのが明確にされ、代表チーム構成を考えるうえでも非常に参考になったのではないかと思います。

最強の侍ジャパンを編成するための準備期間は、なんと、あとわずか1年!しかありませんからね。

古巣・楽天にも大きな動きが

準備といえば、私の古巣・楽天にもいろいろな動きがあったように思います。

シーズン終盤に新しくGMとして迎え入れた石井氏を中心に、ドラフトなどで新戦力選手の獲得を精力的に行い、今季最下位からの巻き返しを図るべく奮闘していますね。

既存の選手陣に対してもその改革は見て取れます。今秋、投手は仙台で、野手は倉敷でと、別々の場所でのキャンプを行いました。この真意(狙い)ですが、おそらくはそれぞれのポジションの練習に集中させるための策ではないかと考えています。

楽天は長く、倉敷でのキャンプを全員で行ってきました。が、実はこの倉敷、私個人的に大好きなすばらしい場所ではあるのですが、純粋な野球インフラとして考えるとメインとサブの2カ所しか球場がなく、全員で一斉に練習するには手狭だったのです。

私自身が野手出身なので野手の練習で例えますが、十分な練習のためには打撃と守備だけでも、2つのグラウンドが必要です。そこに投手陣の練習が入れば、互いに場所を制限せざるをえない。

次ページ来季開幕に向けた準備期間
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT