あのバフェットが、石油株を買っていた!

原油相場は、今後何かあるのかも?

石油株に思い切って投資をした内田氏だが、あのバフェット氏も石油株を買ったという。今後何かあるのか?(写真はリーマンショック直前のガソリンスタンド。当時の価格はこれくらいだった 撮影:梅谷 秀司)
先物に主導される格好で、日経平均株価は11月中旬以降、極めて堅調。この間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。1日に「ドン」と利益確定をしつつ、同値で再び買うなど、今後の相場は、当面、堅調とみているようだ。

【11月11日(月)】外食のグローバルダイニング(7625)を210円で400株買う。日経平均株価は、183円高の1万4269円と大幅高。

【11月12日(火)】NYダウは21ドル高の1万5783ドル。グローバルダイニングを208円で400株買い、合計で3500株(平均買値211円)となった。日経平均も大幅続伸し、318円高の1万4588円と約3週間ぶりに1万4500円台を回復した。

アベノミクス1年を祝福?ドルが高くなってきた

この連載の一覧はコチラ

【11月14日(木)】アベノミクス相場1年。外国人主導で買い越し額13兆円。「企業の年末ボーナスは前年比5.79%増で、バブル末期に次ぐ高い伸び」との報道があった。日経平均は309円高の1万4876円と大幅上昇。18時50分、1ドル=100円台をつけ、2カ月ぶりの円安水準。10月25日に1ドル=97円で50万ドル買ってその日に97円40銭で全部売ってしまったが、こんなに早く100円になるとは。

【11月15日(金)】NYダウは54ドル高の1万5876ドルと、連日で過去最高値更新。金融緩和長期化観測で。日経平均は289円高の1万5165円と約6カ月ぶりの高値。今週の日経平均は、週間で1079円(7.6%)も上げた。米国の著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、石油メジャーのエクソン・モービルに34.5億ドル投資と報道。私はコスモ石油(5007)を10月31日に175円で30万株と大量買いしたが、銘柄は違うけど石油株に注目して買っているという点で共通していたので、うれしかった。本日のコスモ石油終値は、173円の2円高。日経平均は大幅上昇しているのに、まだ買値を2円下回っているとは情けない。

次ページマーケットが、いいときにこそ……
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。