あのバフェットが、石油株を買っていた!

原油相場は、今後何かあるのかも?

外国人は、11月第2週(11~15日)買い越し額は1兆1720億円と1兆円を超え、今年2番目の大きさ。一方、個人投資家は1兆1526億円の売り越しと正反対の動きとなった。個人投資家の売りは統計を取り始めた1982年7月以降で最大だそうだ。やはりここに来て、証券優遇税制廃止による利益確定売りが出ているのではないか?

【11月22日(金)】NYダウは109ドル高の1万6009ドルと、終値で初めて1万6000ドル台乗せ。9時44分、ベリテ(9904)を143円で1000株売り(買いは93円)、4万9768円の利益確定。111円の4円高で寄り付き、9時46分、149円の42円高をつけ、大引けでは125円の18円高。前日の出来高は14万1000株であったのに、本日は860万5000株と大商い。急騰した理由はわからず。

しっかり消費税に対応した、カッパクリエイトの優待券

画像を拡大
525円の食事券。5%の消費税分に事実上対応していたが……

本日、株主優待が復活したJFLA(2538)の優待品(マルキン初しぼり生醤油700ml)とかっぱ寿司のカッパクリエイト(7421)の優待(お食事券)が届いた。カッパクリエイトの優待は2月期末1回だったが、年2回に変更になっていたのに気がつかず、今日お食事券が送られて来て気がついた。優待が年1回から年2回と回数は増えた(50株保有で525円券5枚が年2回)が、年間ベースでは変わらない。

画像を拡大
新しい優待券では「500円+消費税」に。消費増税に対応した、こまやかな心づかいが嬉しい

しかし、表示が変わっていて、前回までは525円とお食事券には書いてあったが(右上写真)、今回から500円+消費税となっていた。優待券の有効期間が(平成26年11月30日)とあり、来年4月の消費税増税に対応した優待券となっていて(右写真)、これはうれしい配慮だ。株主は、こういう「小さな改善」に敏感なものだ。

大量買いしたコスモ石油は、本日終値185円の2円高であったが、振り返ってみれば11月12日から(8日の変わらずを挟み)8日続伸中。最近、外は寒くなってきたが、含み益もでてきて「ココロもフトコロも暖かく」なってきた。

【11月23日(土)】NYダウは54ドル高の1万6064ドルと最高値更新中。1ドルは101円25銭。どこまで上昇するのかわからないが、この上昇トレンドについて行きたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT