世界を変えた「アメリカ製造業」たちの現在地

米国四季報で読み解くアメリカ優良企業

一方のフォード。破綻こそ免れたものの、傘下にあったマツダの株式売却、ボルボの中国企業への売却などを行うと同時に、商品開発・生産体制を一本化。それによって誕生した同じモデルの車種を世界中に販売する「ワン・フォード」戦略を採用し、体質の強化を図ってきた。

フォードは、スポーツタイプのマスタングやSUVのエクスプローラーなどのいわゆるフォードブランドと、ワンランク上の位置づけとなるリンカーンブランドでの展開を行っている。売上高では、やはりアメリカ国内が6割強と大半を占めるが、欧州が2割、アジア太平洋地域も1割あり、グローバルでの幅広い展開が行われている。ちなみに日本市場からは、2016年に完全撤退している。

テスラの今後はどうなるのか

この業界で、いま最も重要なテーマの1つがEVだ。環境問題の高まりを背景に、急速にEVシフトが進んでおり、日中米欧の各自動車メーカーが開発にしのぎを削っている。そのなかで異色なのは、2003年に誕生したベンチャー企業のテスラ(TSLA、当時の社名はテスラモーターズ)だ。

テスラのラインナップは、これまで高級セダンのモデルSとSUVのモデルXが2本柱だったが、価格を抑えた普及タイプのモデル3の量産体制がようやく整い、3本目の柱に育ちつつある。コストや開発費負担が先行し赤字が続いていたが、2018年7~9月期決算で黒字に転換した(2018年12月期通期ではまだ赤字の見通し)。

テスラはEVだけにとどまらず、キーデバイスであるバッテリーも強化している。また2016年に太陽光パネルのソーラーシティを買収すると、翌2017年2月に社名をテスラモーターズからテスラに変更した。EVだけにとどまらない総合エネルギー企業としての姿を打ち出している。

次ページ航空・軍需産業は現在も世界を先導
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT