世界を変えた「アメリカ製造業」たちの現在地

米国四季報で読み解くアメリカ優良企業

最後にゼネラル・エレクトリック(GE)にふれておきたい。発明王エジソンの電気照明会社に起源を持つ同社は、1980年代に伝説の経営者と呼ばれたジャック・ウェルチのもと、M&Aを駆使し急拡大した。発電、エネルギー、航空、輸送機器、ヘルスケア、金融など幅広くグローバルに事業展開してきた。だがリーマン・ショックで大きな打撃を受け、以降は創業以来の主軸だった家電部門、金融部門、石油・天然ガス部門などを相次いで売却した。

依然としてアメリカには世界有数の企業がある

ニューヨーク株式市場の指標として1896年から算出されているダウ工業株平均株価は日本のニュースでもおなじみだ。周知のとおり、各業種の代表企業30社で構成されており、時代に合わせて銘柄を入れ替えてきた。そんな120年を超える歴史の中で、GEは唯一、算出当時からずっと構成銘柄に名を連ねてきたが、2018年6月に、ついに外れた。

アメリカは、言わずと知れた世界最大の経済大国で、そのGDP規模は2017年で19.5兆ドル(名目、2017年末の為替レート1ドル=113円で換算すると約2200兆円)と、日本の4倍に達する(日本の名目GDPは546兆円)。このうち製造業の比率は1950年代から一貫して下がり続け、2017年ではわずか11%にすぎない(日本は21%)。

それでも、それぞれの業種において世界有数の企業が存在する。企業同士が合併し、事業の一部を切り離したり買収したり、絶えず変化を繰り返している。新しい企業も誕生し、力をつけてきている。

そこはやはりアメリカ。衰退しているといわれて久しいが、必ずしもそう断言できない姿が見えてくる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT