「とみ田」のつけ麺が大つけ麺博で勝った意味

イベントが商業的すぎても名店は育たない

優勝トロフィーを手にした富田氏(筆者撮影)

新宿駅東口を出て大久保方面に徒歩で5~10分前後。西武新宿駅からほど近い大久保公園で「大つけ麺博 10周年特別企画 ラーメン日本一決定戦」が、10月4日(木)から10月31日(水)まで開催された。

この連載の一覧はこちら

「大つけ麺博実行委員会」の主催により開催しているイベントで、開催期間を「第1陣」から「第4陣」までの4週間に分け、それぞれの期間に9店ずつ計36店が出店した。

大つけ麺博は全国の名店が集まるラーメンイベントだが、今までにも数回、イベントに出店したお店を投票で競わせている。もともと原則としてつけ麺だけに限っていたイベントだったが、ラーメンも提供するようになり、10周年の今年は「ラーメン日本一決定戦」と題して、ラーメンもまぜそばも何でもありの人気投票とした。

もともと、今回出店した36店は全国から集まった106店のエントリーの中から、ラーメンファンによるウェブ投票で絞られていた。そして、決戦の地である「大つけ麺博」の舞台で、実際に来場客へ提供したラーメンが評価された。

おいしさ満足度で争われた決戦

その基準は「売り上げ杯数」ではなく「OMD(おいしさ満足度)」と呼ばれる指標で争われた。来場客は1杯につき1枚の投票コインを得て、それを気に入ったお店に投票する。最終的に集まった総得票数を総売り上げ杯数で割った数値となる。

ブース外観(筆者撮影)

たとえば、1000杯売ったとしてもコインが800枚だったら80%となる。逆に100杯しか売ってなくても、100枚を超えるコインを集めてOMDが100%を超える可能性もある。杯数をたくさん売ったから良し、とはしないルールだ。

今年は10年間で最高の売り上げ・来場者数となった。来場者数は17万人。そして投票されたコインの数は15万1586枚にも上った。

次ページ東京のお店は1店舗もなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT