蛤ラーメン「金色不如帰」一つ星獲得の道のり

ミシュランガイド東京2019に追加された名店

「ミシュランガイド東京2019」のラーメン部門で、一つ星を獲得した「SOBAHOUSE 金色不如帰」の「そば(醤油)」(筆者撮影)

ミシュランガイド。タイヤメーカーのミシュランが発行する、おいしい飲食店・レストランなどを紹介する赤い表紙のガイドブックだ。ここで「一つ星」「二つ星」「三つ星」という評価を得れば日本のみならず世界にもその名が知られるが、もちろん獲得できる店は限られる。

この連載の一覧はこちら

11月30日。最新版として発売された「ミシュランガイド東京2019」に、東京都新宿区にある小さなラーメン店が「一つ星」のお店として追加された。「SOBAHOUSE 金色不如帰(こんじきほととぎす)」。東京メトロ丸ノ内線の新宿御苑前駅から徒歩3分。カウンター7席にテーブル席4席、わずか11席のお店である。そば(醤油)(850円)、真鯛と蛤の塩そば(900円)などのメニューを取りそろえる。

真鯛と蛤の塩そば(筆者撮影)

「そば(醤油)」は豚骨と蛤と乾物系、「真鯛と蛤の塩そば」は真鯛と蛤と乾物系のトリプルスープが特徴で、添えられた3種の特製ソースをスープに溶かしながら味の変化を楽しめる1杯が人気だ。

ミシュランガイドにおける星の位置づけは下記の通りだ。

一つ星:そのカテゴリで特においしい料理
二つ星:遠回りしても訪れる価値のあるすばらしい料理
三つ星:そのために旅行する価値のある卓越した料理

これ以外に星は付かなくても、「5000円以下で特におすすめの食事を提供している」お店を「ビブグルマン」として紹介している。

ラーメン部門で3店舗目の一つ星を獲得

もともとミシュランガイドにはラーメン部門がなかったが、「ミシュランガイド東京2015」よりラーメン部門が新設された。

2015では星獲得の店舗は出なかったが、翌年発行された2016で初の一つ星を東京・巣鴨の「Japanese Soba Noodles 蔦」が獲得、2017で大塚の「創作麺工房 鳴龍」が獲得、そして2019で「SOBAHOUSE 金色不如帰」が3店舗目の一つ星獲得という流れだ。

次ページ金色不如帰とはどんなお店なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。