蛤ラーメン「金色不如帰」一つ星獲得の道のり

ミシュランガイド東京2019に追加された名店

「ミシュランガイド東京2019」のラーメン部門で、一つ星を獲得した「SOBAHOUSE 金色不如帰」の「そば(醤油)」(筆者撮影)

ミシュランガイド。タイヤメーカーのミシュランが発行する、おいしい飲食店・レストランなどを紹介する赤い表紙のガイドブックだ。ここで「一つ星」「二つ星」「三つ星」という評価を得れば日本のみならず世界にもその名が知られるが、もちろん獲得できる店は限られる。

この連載の一覧はこちら

11月30日。最新版として発売された「ミシュランガイド東京2019」に、東京都新宿区にある小さなラーメン店が「一つ星」のお店として追加された。「SOBAHOUSE 金色不如帰(こんじきほととぎす)」。東京メトロ丸ノ内線の新宿御苑前駅から徒歩3分。カウンター7席にテーブル席4席、わずか11席のお店である。そば(醤油)(850円)、真鯛と蛤の塩そば(900円)などのメニューを取りそろえる。

真鯛と蛤の塩そば(筆者撮影)

「そば(醤油)」は豚骨と蛤と乾物系、「真鯛と蛤の塩そば」は真鯛と蛤と乾物系のトリプルスープが特徴で、添えられた3種の特製ソースをスープに溶かしながら味の変化を楽しめる1杯が人気だ。

ミシュランガイドにおける星の位置づけは下記の通りだ。

一つ星:そのカテゴリで特においしい料理
二つ星:遠回りしても訪れる価値のあるすばらしい料理
三つ星:そのために旅行する価値のある卓越した料理

これ以外に星は付かなくても、「5000円以下で特におすすめの食事を提供している」お店を「ビブグルマン」として紹介している。

ラーメン部門で3店舗目の一つ星を獲得

もともとミシュランガイドにはラーメン部門がなかったが、「ミシュランガイド東京2015」よりラーメン部門が新設された。

2015では星獲得の店舗は出なかったが、翌年発行された2016で初の一つ星を東京・巣鴨の「Japanese Soba Noodles 蔦」が獲得、2017で大塚の「創作麺工房 鳴龍」が獲得、そして2019で「SOBAHOUSE 金色不如帰」が3店舗目の一つ星獲得という流れだ。

次ページ金色不如帰とはどんなお店なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。