「30代母親の教育熱」が無駄に高すぎる理由

「親の見栄で教育」は子どもを幸せにするのか

周りの評価を気にしすぎた教育投資をする30代の母親が後を絶たない。結局、親も子どもも幸せにしない危険性がある(写真:よっしー/PIXTA)

「わが子の教育には、できる限り投資したい」。親であれば誰もがそう思うものです。幼いうちからさまざまな経験をさせることで、子どもの可能性を引き出したいと願う母親。こう聞いて、皆さんはどういう印象を持つでしょうか。

私は30代のワーキングマザーの家計専門FP(ファイナンシャルプランナー)として、家計の見直しや着実な貯蓄のためのライフプラン作成などを支援しています。私自身が30代のため、ご相談にいらっしゃる方もおおむね30~40代で、まだ子どもが小学生のご家庭がほとんどです。相談内容の中で、圧倒的に多いのが教育費に関してです。少子化時代といいながら、有名なお受験塾の需要は減るどころか、ますます繁盛しているところも少なくありません。ある程度教育熱心な親が集まるエリアであれば、親同士でお受験の話題が出ないことはありません。

「見栄による教育」は本当に子どものためになるのか?

先日、相談に来られたのは、教育費以外のお金が貯まらないという30代後半のAさんでした。 偶然でしょうが、その直後に同じような相談にBさんが来ました。Bさんは50代。夫と離婚し、老後の費用がまったく用意できていませんでした。また、定年までに返しきれない借り入れがあるとのことで、とても焦った様子でした。

2人のワーキングマザーに共通するのは、自他ともに認める「よい母」ということです。ですが、そのよい母親像が、「無知」と「見栄」によるものだったとしたら、はたして、その投資は子どものためになるでしょうか。2人の年齢差は20歳。Aさんはこれから教育費がかかる家庭で、Bさんはすでに教育費を使ってきた家庭です。教育前、教育後のそれぞれ2つの事例を両方見ることで、教育費と老後費用について考えてみます。まずは、30代のAさんの事例から見ていきましょう。

次ページ貯金の90%が教育資金という「異常事態」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。