ゆとり教育を生んだ“環境”とは?

【特別対談】岩崎夏海×太田彩子(3)

岩崎:ゆとり世代というのは、だいたい15年間くらい存在すると考えています。そこがぽっかり空いてしまうと、日本はどうなるんだ?と危惧する方もいらっしゃるのですが、戦後もそうでしたけれど、世代のブランクが生まれると、その下の世代が若いうちから経験を積めるので、かえって国力が増すことがあるのです。彼らが中堅になる頃には、もう一度、高度経済成長のときのような状態になるかもしれない。その意味でも、ゆとり世代は犠牲になっているとも言えますね。

太田:そうは言っても、ゆとり世代としては、生まれた年代は選べないわけじゃないですか。そこに生まれたら、いったいどうすればいいのですか? ただ果断(前回のコラムで言及)され、踏み台にされるのを待っているだけですか?

ゆとり世代にもスターは生まれている

岩崎:実は面白いことに、ゆとり世代のど真ん中には、ほかの世代よりも優秀な人材が輩出される――という現象も起きているのです。たとえば、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大君や、フィギュアスケートの浅田真央さんをはじめてとして、超優秀な存在も数多くいる。彼らは、技術ももちろんですが、精神力や人間性がずば抜けて優れている。それは、実はほかの世代には見られない現象なのです。

太田:ゆとり教育の中でも、危機感を持って生き抜いたんですね。

岩崎:そうなんですよ! 「ゆとり教育」という逆境が、かえって彼らを育てる結果となった。これもひとつの「死ぬことと見つけたり」なのではないでしょうか。

太田:なるほど! どんな悪い環境でも、活かし方によっては、逆に大きく羽ばたくチャンスにもなるということですね。だけど、そうなると気になるのは、今の日本の社会風土です。今の日本は、飛び級制度などもないですから、超優秀な人材を作らせないし、伸ばそうとしない。その逆に、出るくいは打つで、なるべく平均的な人材を作ろうとする。実は私、すごく残念なことがあるのです。新人研修で時々、飛び抜けて優秀な方がいるのですが、3年目や4年目に再会すると、驚くほど均質化社会に解け込んでこんでしまっていて、スポイルされている。本当に悲しいです。悪い意味で環境に順応してしまうからなんですね。

岩崎:だからこそ今、ヘヤカツが必要だと思うのです。本にも書きましたが、「本当に優秀な人たちは、まず何よりも環境づくりがうまい」。だから、優秀な人が周囲の環境に流されないためには、まずは自分で自分の環境を整えていこう、特に最も身近な「部屋」から整えていこうというのが、僕たちの提案なのです。

太田:お話を聞いていて、いろいろなことがつながりました。ありがとうございます。私もぜひ、ヘヤカツを実践してみたいです。

(構成:稲田豊史/収録場所:天狼院書店

部屋を活かせば人生が変わる
■部屋を考える会・著
■夜間飛行・刊/税込1680円
なぜ部屋を整えると、眠っていた能力が引き出されるのか。人生が輝くのか。『もしドラ』著者にして、“ハックルさん”こと岩崎夏海氏が代表を務める部屋を考える会が、家具配置の間取り図とともに、わかりやすく解説する。「洗濯や食器洗いの“動線”を作る」「掃除道具はいちばん良い場所に置く」「机には何も置かない」「シャンプーは最高級品を」といった、具体的で目からウロコの落ちる提言が満載。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。