爆速ヤフーの母が追求する、「成果の本質」

今、あなたに求められている成果は何か?

「制作、開発、企画など、共に仕事をしている関係各所の人たちにお願いごとをするときも、直接、席に出向いて説明するようにしているので、いつも社内でバタバタしています。でもそのほうが、なんといっても話が早いし、伝わりやすいのです」

バルス祭りという挑戦

実は、井原さんが育休から復帰した時期は、トップが変わり、会社が経営の舵取りを大きく転換した時期と重なる。その変化は、井原さんが「180度変わった」と言うほどだ。

「『課題解決』『爆速』『フォーカス(集中して大きな成果を出す)』『ワイルド(迷ったらワイルドなほうを選択する)』などのビジョンが打ち出され、人事考課もアウトプット評価に加え、こうした“ヤフー・バリュー”が実践できたどうか、『バリュー評価』が加わるようになりました。

以来、私も、今までは『迷ったら、やめとこう……』だったのが、迷ったらやる、やらないことにはヒットは打てないという考え方に、がらりと変えていきました」

同僚や部下とのフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションに力を注ぐのも、こうしたビジョンの浸透を図りたいという狙いもある。

実際、井原さんが編集デスクになってから、チームは明らかに変化を遂げつつあるようだ。

そのひとつが、「バルス祭り」だ。バルスとは、ご存じ宮崎駿監督のアニメ『天空の城ラピュタ』で登場した崩壊の呪文だが、ネット上ではテレビ「金曜ロードショー」でラピュタが放映される日には、「バルス!」の呪文が各所で発動し、WEB掲示板やSNSなどでは、サーバーがダウンしかねない大騒ぎとなる。

「Yahoo! JAPAN トップページでは、押すとページが崩壊する『バルス』ボタンを設置しました。ユーザーが押すと、最後はヤフーのロゴまで落ちる仕掛けです。私がいるスマートフォン版では、ラピュタの登場人物、パズーとシータの顔文字を作成。ヤフーと言えばこれまではまじめで保守的なイメージがありましたが、ユーザーの方からは『ヤフーが何か面白いことをやっている』と評判もよく、チームのみんなとひとつ前に進んだ達成感がありましたね」

しかも、スマートフォンチームは急遽、参加が決まったため、当日のお昼から作業を始め、デスクの井原さんは、関係各所に「こんなことをやっていいですか?」と大急ぎで聞いて回ったという。まさに「爆速」と「迷ったらワイルドなほうを選べ」というビジョンを、チームが一体となって実行した瞬間だったという。

次ページ「夜のデスク」の支え
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT