爆速ヤフーの母が追求する、「成果の本質」

今、あなたに求められている成果は何か?

ヤフーは現在、育休を取得する社員が増え、そのほとんどが復帰するが、大半の人が時短を活用している。 「時短を取得しないのは少し心配でしたが、上司が『無理だったらいつでも時短に変えられるから』と言ってくれたのが、心の支えになりました」。

毎朝6時前には起きて、8時前には出社する。朝一番の誰もいないオフィスでの仕事ははかどる。

「メールチェックした後は、じっくり考える時間に充てています。今後どうやったら、最適なトップページが実現できるか? 今後どんな人数でどんな体勢でやるのが理想なのか? ノートに書き出したりします。もっとも、雑務に追われ、そんな時間が取れないことも多いんですけどね」

リーダー職の井原さんの仕事のミッションは、「道を示して、部下にそれを伝えていくこと」だと言う。

「現在、当社では『あったらいいね』の情報ではなく、『なくては困る情報』を掲載しようという方向性を打ち出しています。芸能人のスキャンダル記事をあおりぎみに書けば、アクセス数を上げることはできるかもしれない。でも、それでトップページの品質が上がるとは必ずしもいえません。どんな情報をピックアップすると、品質向上につながるのか、メンバーとすり合せ、納得してもらう。それが、私の役目です」

直属の部下は4人だが、スマートフォン版部隊の編集メンバーは8人いる。「時間がない」のが泣きどころのワーキングマザーだが、彼ら彼女らとの「意識のすり合せ」の時間だけは節約しないのが、井原さんの信条だ。

現在、ヤフーでは「ワン・オン・ワン(ミーティング)」といって、上司と部下が週1回30分話すことを制度化しているが、井原さんはこの時間に加え、全メンバーと1日5分でもいいからしゃべるようにしているそうだ。

「ミーティングが早く終わったとき、席を通りかかったときなどに、『最近、どう?』とか『困っていることはない?』なんて声掛けをしています」

こうすることで、相手が本当に編集方針について本当に“腹落ち”しているかがわかるのだと言う。

次ページ爆速に挑戦
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT