中学受験で"全落ち"した母子の「最終出口」

受験最終日、ミスチルの「ギフト」で号泣した

中学受験の世界では1月~2月2日までなど初期の日程で合格校を押さえ、安心感を得てから、チャレンジ校である第一志望の受験に乗りこむというのが黄金ルールとされる。ところが伸也君は、受験日程の序盤で“押さえ”のはずの学校に不合格となってしまったのだ。

そのショックを引きずるように、そのほかの学校でも不合格が続き、気づけば、予定していた学校にすべて落ちるという最悪の結果となっていた。

最後の結果を聞いたのは、2月4日の21時過ぎ。5日にチャレンジ校の広尾学園最後の入試を残していたが、もはや、記念受験にしかならないとあきらめた。

泣きじゃくる本人を横に、塾の先生に状況を報告すると「成功体験をさせてあげましょう」と勧められた。まだネットで受験を受け付けている学校を教えてもらい、23時41分、ネットで願書を提出。翌朝、息子と一緒に受験会場に向かった。

ミスチルの「ギフト」に涙

2月5日に受験したのは、ある男子校。受験当日「わかっていたのは学校の名前くらいでした」と順子さん。とにかく、合格体験をという一心で学校に向かうと、そこには「よく来てくれたなー!」と手を広げて一人ひとりにあいさつをする男性が待っていた。

同校の校長だった。「息子も私もこれだけで涙が出ました」。その後、息子は試験会場へ。保護者の控室では、まさかの学校説明会が始まった。出願校に「全落ち」して初めてこの学校を知って来る親子も多いという、学校側の配慮だった。

学校紹介の映像とともに流れてきたのは、Mr.Childrenの「GIFT」だった。

白と黒のその間に 無限の色が広がってる
君に似合う色探して やさしい名前を付けたなら
ほら一番きれいな色 今君に贈るよ
(Mr.Children 「GIFT」より)

会場の至るところですすり泣きが聞こえた。

試験の結果は合格。入学説明会での説明と、温かく迎えてくれた学校に感激し、入学を決意した。

「塾で勧められるのは、ほとんどが偏差値50以上の学校でした」。順子さんは、選択肢を狭めた中から学校を選んでいたことを反省した。「偏差値的には名前が挙がらないけど、いい学校はいっぱいある。この受験でそのことを知りました」(順子さん)。

当初予定していた学校には受からなかった中村家だが、親子とも、受験にチャレンジしたことに後悔はない。

「いま、息子は“受験部”という部活に入っていたのだと思えます。部活なら、一生懸命に頑張って、都大会出場ができなかったとしても、“よく頑張った”と頑張りを素直に褒めてあげると思う。受験も一緒で、全力で勉強に向き合った3年間です。望む結果は残せなかったけれど、あの頑張りは無駄ではないとたたえてあげたい。何より今の息子の楽しそうな様子を見て、つらかったけれど、やってみてよかったと思っているんです」

この母子の事例からわかるように、中学受験は多くの家庭にとって決して甘いものではないだろう。それがわかっていて、なお挑んだ親子のひとつの着地点として、またそれまでの軌跡に、学ぶことは多いのではないだろうか。

 

本連載「中学受験のリアル」では、中学受験の体験について、お話いただける方を募集しております。取材に伺い、詳しくお聞きします。こちらのフォームよりご記入ください。 
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。